""

「気候変動は私たちの時代の存続に関わる危機である」。この真実のもと、2021年にイギリス・グラスゴーで開催されたCOP26で世界が団結しました。今こそ、世界の気温上昇を抑えるための最大限の取り組みが求められているのです。

科学的には、人類による二酸化炭素の排出が取り返しのつかない状況を招いていることは明らかで、その排出源は非難の的となっています。そして、一歩引いて世界を見ると、気候変動と根本から戦うには無視できないパラダイムが浮かび上がってきます。それは、「経済的な繁栄が、炭素排出量を増加させる大きな要因である」ということです。

目的地ゼロへの技術ロードマップの3つのコンポーネント

世界経済の成長に伴い、10億人超が極度の貧困から救い出され、中流階級が拡大しました。アメリカのシンクタンクであるブルッキングス研究所は、2018年を「世界人口の50%強が中流階級および富裕な家庭で暮らす最初の年」としています。こうした経済的繁栄により、貿易、インフラ整備、産業活動が活気づき、結果として炭素排出量の増加も進んだのです。

この「繁栄と炭素排出量の関係」からは「健全な経済成長と地球の健康は共存できるのか」という疑問が生まれます。

その答えは「イエス」です。脱炭素への投資は私たちの世代にとって有望な成長機会のひとつだと考えます。しかし、これには具体的なロードマップが不可欠です。

二酸化炭素排出の削減に向けた当社のデスティネーションゼロ戦略は、上記の図で示した3つの要素を柱としています。「バッテリーおよび燃料電池を用いたゼロエミッション技術」「低カーボン及びゼロカーボン燃料」「移行技術としての、燃料に依存しないパワートレインプラットフォーム」。これらは、輸送およびモビリティに関する包括的な技術のロードマップに根ざしたものです。

1.バッテリーや燃料電池を活用して、ゼロエミッションを実現

バッテリー及び燃料電池ソリューションは、一部の商用輸送で導入可能です。この技術は、Tank-to-Wheel(タンクに燃料が入っている状態から走行中までの炭素排出を示す指標)の観点ではゼロカーボンであるため、地域における排出ガス問題や大気汚染問題の解決に役立っています。

さらに、使用されるエネルギー源が環境に優しいものであれば、Well-to-Wheel(燃料の生産から走行中までの炭素排出を示す指標)の観点からもゼロカーボンとなります。例えば、再生可能エネルギーで電気バスを動かすようなケースは、Well-to-Wheelでゼロカーボンと言えるでしょう。

私たちはすでに、スクールバスや路線バスのメーカーと提携して、全電動のバスを実現したほか、燃料電池を動力とする旅客列車の商用運行も実現しています。

輸送部門は、米国で最も高いGHG排出量を持つセクターとなりました。

当社は様々な技術を持ち合わせていますが、依然として電動化が困難な商用輸送アプリケーションが多数あります。その主な要因は、経済的な実行可能性、ミッションの業績、及びインフラの問題です。

バッテリーや燃料電池といった技術がこれらのアプリケーションに対応できるようになる日を待つのも、ひとつの考えです。しかし、二酸化炭素排出量の削減は、1日でも早く実現しなければなりません。アメリカの中型・大型トラックだけでも、1日に排出する二酸化炭素量は100万t超に及ぶのです(2020年時点)。

2.低カーボン及びゼロカーボン燃料の使用で、炭素排出量を削減

電動化が困難な商業輸送アプリケーションの炭素排出量を、大幅に削減あるいは完全にゼロにする選択肢として有効なのが、低カーボン及びゼロカーボン燃料の使用です。これで発電を行った場合、Well-to-Wheelに基づく炭素排出量はディーゼル燃料よりも少なくなります。

これらの燃料は4つのグループに分けられます。1つ目は低カーボン燃料。燃やすと炭素を排出しますが、炭素の排出量はディーゼルエンジンよりも少なくなります。2つ目はカーボンニュートラル燃料。燃やすと炭素を排出しますが、排出された炭素はほかの活動で完全に相殺されます。3つ目はゼロカーボン燃料。燃やしても全く炭素を排出しません。4つ目はカーボンネガティブ燃料。燃料の生成と消費の結果、正味のGHG排出量がマイナスになる燃料です。

上記に分類される燃料には様々なものがありますが、水素、天然ガス、バイオディーゼルの3つが代表的です。このほか、合成燃料(e燃料)は将来、主流となる可能性が期待されています。

水素
普及が進んでいるエネルギーキャリアです。その主な理由は、太陽光や風力、水力などの再生可能エネルギーを用いて水を電気分解して水素を生成することで、ゼロカーボン燃料が得られること。水素は、内燃エンジンまたは水素燃料電池を通して車両に供給されます。水素を使用すれば、炭素排出量を大幅に削減することが可能です。 EPAが発表している「Greenhouse Gas Emissions Model (GEM) for Medium- and Heavy-Duty Vehicle Compliance」を用いた試算によると、水素エンジンを搭載し、グリーン水素を燃料とする2027年モデルの大型貨物トラックは、ディーゼルエンジンを使用したトラックと比較して全ライフサイクルで1,437トンのCO2を削減できます(積載量を19トン、年間走行距離を12万マイルとした場合)。

このように、水素は大きなメリットを持ちます。一方、インフラ整備の必要性とグリーン水素の生成量に課題が残っています。

天然ガス
ゼロカーボン技術のインフラが発展し続ける現在、炭素排出量の削減に大きく貢献しています。化石燃料ですが、ディーゼルなどの化石燃料に比べて炭素の発生は少量です。

特定のユースケースでは、再生可能天然ガス(RNG)も、カーボンネガティブとなり得ます。例えば、有機物を放置すると、温室効果ガスの一種であるメタンガスが発生します。そのため、有機物を分解して製造されるRNGは炭素強度がネガティブになるのです。

一方、天然ガスが炭素排出量の削減に果たす役割については、2つの議論が行われています。1つ目は、車での天然ガス使用量が増えても、天然ガス輸送時のパイプラインからのメタン漏出によって、その一部が相殺されること。2つ目は、RNGの負の炭素強度の根拠となる計算について。すべてのRNGが負の炭素強度を持つわけではないことを認識することが重要です。

私たちは、回収されたメタンの発生源やRNG輸送の効率を評価して、RNGの利用がGHG排出量の実質的な削減につながるかどうかを判断する必要があります。

バイオディーゼル
主に動植物に由来する再生可能な燃料です。バイオディーゼルの原料として使用される植物は、大気中から炭素を取り込み、バイオディーゼルが燃焼する際に同じ炭素原子を大気中に放出します。これにより、バイオディーゼルは理論的にはカーボンニュートラルと言えるのです。しかし実際は、作物の栽培時や、バイオディーゼルの生産時に発生する排出ガスも考慮する必要があります。

石油ディーゼルにバイオディーゼルを20%混合させたB20燃料は、すでに私たちの生活に溶け込んでおり、多くのエンジンがB20で走行できます。炭素排出量の削減に向けた次のステップは、B40やB100といった純粋なバイオディーゼルで走行できるエンジンを開発することです。

合成燃料(e燃料)
合成燃料にはさまざまな形態があります。なかでもe-ディーゼルとe-ガソリンは、商業輸送アプリケーションに適した合成燃料です。これらの燃料は大気中に排出された二酸化炭素とグリーン水素を使って製造できるため、カーボンニュートラルです。さらに、既存の燃料供給インフラを活用できる点もメリットです。しかし、コストの高さや入手の困難さといった課題が残されています。

インフラ整備は、一部の低カーボン及びゼロカーボン燃料が直面している課題です。しかし、中型・大型トラックを複数台所有する企業の場合は、固定の走行ルート上に燃料補給設備を数カ所設置するだけで利用が可能になります。この取り組みにより、必要なインフラの構築が促進されるでしょう。

クリックしてインフォグラフィックを見る
インフォグラフィックを見るには、ここをクリックしてください

3.燃料に依存しないエンジンプラットフォームで、低炭素燃料の利用を拡大

燃料に依存しないエンジンプラットフォームは、共通のベースエンジンから派生した複数のエンジンバージョンで作られています。各エンジンのボトムエンドは同じに見えますが、その上には各燃料に対応した独自のシリンダーヘッドを搭載できる設計となっているのです。

このエンジンプラットフォームは、ディーゼル、プロパン、天然ガス、水素などを利用でき、低炭素燃料を動力源とすればGHG排出量の削減が可能です。また、慣れ親しんだディーゼルエンジンに近い動作特性や車両への搭載方法のため、扱いやすいことも特徴です。さらに、バッテリーや燃料電池に比べて低コストで導入可能なため、財政面でも運用面でも、おすすめの選択肢です。

ロードマップにある3つの要素は、組み合わせることもできます。例えば、バッテリー電気システムと燃料に依存しないパワートレイン・プラットフォームを組み合わせて、ハイブリッド・ソリューションを構築することも可能です。

気候変動は私たちの時代の存続に関わる危機です。世界ではすでに多くの国や企業が、カーボンゼロまたはカーボンネガティブを約束しています。この記事で紹介したソリューションは、今後広く普及していくことでしょう。しかし、その普及をただ待つのではなく、エンドユーザーの皆さんにも積極的に、脱炭素に取り組んでいただけることを願っています。

 

参照:

1気候変動に関する政府間パネル。(2021年8月)気候変動2021、物理科学基礎[PDFファイル]。https://www.ipcc.ch から取得

2米国環境保護庁。(2021年12月)米国運輸部門の温室効果ガス排出量。[PDFファイル]。https://www.epa.gov/ から取得

3米国EPAの温室効果ガス排出ガスモデル(GEM)を用いて分析を行い、中負荷および高負荷車両のコンプライアンスを実現します。年間19トンのペイロード、120,000千マイルの使用を想定しています。https://www.epa.gov/ から取得

4米国エネルギー情報局。(n.d.)。バイオ燃料について、バイオマスベースのディーゼルと環境について説明しました。[Webページ]。https://www.eia.gov/ から取得

最新情報をお見逃しなく

最新の技術、製品、業界のトレンド、ニュースをいち早くお届けします。

最新ニュースを希望(該当する項目をすべて選択してください):
スリカーント・パドマナバン

スリカーント・パドマナバン

スリカーント・パドマナバンは、カミンズの4つの事業部の中で最大のエンジン事業のバイスプレジデント兼社長です。この役職において、彼は顧客重視のイノベーションの限界を押し広げ、ディーゼルや天然ガスからハイブリッド、電動パワートレインまで幅広いポートフォリオを持つカミンズを選ぶ主要なパワートレインサプライヤーとして位置づけています。カミンズでの30年以上にわたるスリカーントの詳細はこちら。

移動中のバス

カミンズの天然ガスエンジンは、適切にメンテナンスを行うと、かなりの寿命と信頼性を提供することができます。数十年も続き、数えきれないほどです。

Between 2008 and 2009, more than 3,730 Cummins B Gas Plus natural gas engines were procured through OEM partners Tata Motors and Ashok Leyland and delivered to the National Capital Region of India. Deployed into the Delhi transport Corporation’s (DTC) transit bus fleet, nearly 15 years later, the engines remain in service. To date, the buses have travelled approximately 5.4 billion kilometers – yes, billion – over the last 15 years.

バス

これらのエンジンは、カミンズグローバルバス事業部のマジェド・タドロス事業部長が「カミンズの天然ガスエンジンを保有車両に採用することで、いくつかの運用上および経済的なメリットを達成することができます」と、お客様に伝えるのが好きであることを証明しています。

カミンズの天然ガスエンジンは、トラックやバスの市場で最も低い総排出ガスエンジンとして、メンテナンスフリーの三元触媒排気処理システムを備え、豊富で低コストの燃料で稼働します。

The need for reliable transportation is essential. Over the past 15 years, the Cummins B Gas Plus natural gas engines have helped more than 150 million Indian residents get to where they need to be and will continue to do so for the years to come.

クリックしてインフォグラフィックを見る
インフォグラフィックを見るには、ここをクリックしてください

「カミンズのエンジンは、世界最高水準の信頼性と耐久性で世界中で求められています」と、天然ガス担当ゼネラルマネージャーのプネト・ジャワル氏は説明します。「私たちはインドでの経験から、他の国で天然ガスエンジンを採用したことから、次世代のエンジンに影響を与えてきたことを学びました。"

カミンズは昨年、インドでB6.7天然ガスエンジンを発売すると発表しました。スクールバス、シャトル、中負荷トラック向けに作られたB6.7Nは、最大240 hp/560 lbs-ftのトルクを発揮します。

天然ガスエンジンは、現在入手可能な代替電力技術の中で最も成熟し、実証済みで、破壊的な技術が最も少ない中で、幅広い柔軟性を備え、ディーゼルエンジンと同様の電力、パフォーマンス、運転経験を提供します。カミンズの天然ガスエンジンは、フリートが運用コストを大幅に増加させたり、パフォーマンスやアップタイムを犠牲にすることなく、全体的な環境負荷を低減するのに役立ちます

カミンズの天然ガスエンジンの電力は、今月インドのグレーター・ノイダ・ウッタル・プラデーシュ州で開催されたインドオートエキスポで展示されました。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

""

2022年の終わり近くで、私たちはニューパワーにとってエキサイティングで革新的な年となった成果の一部を祝っています。この12か月間で、当社はテクノロジーを拡大し、ビジネスとして成長し、ゼロエミッションの未来への道を拓き続けています。今年の素晴らしい年となりましたニューパワー事業部の5勝を振り返ってみれば、ぜひご参加ください。

雪景色
インフォグラフィックを見るには、ここをクリックしてください

バッテリーファミリー、LFPへようこそ

バッテリーファミリーの最新メンバーは、リン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーで、商用車の電動化への対応を拡大しています。LFPは、より速い充電と長寿命のバッテリーで、中負荷トラックやスクールバスの市場で使用されています。LFPはニッケルやコバルトを必要としないため、より手頃な価格で持続可能です。より速い充電、より高い電力、10%の平均寿命の延長を実現したカミンズのLFPバッテリーは、連続運転の要求に応え、総所有コストを削減するよう設計されています。

緑色の走行が軌道に乗っています:当社の燃料電池システムは、世界初の100%水素旅客列車保有車両に動力を供給しています。

休暇制度はありますか?ヨーロッパでは、世界初の水素列車を動かしています。Alstom Coradia iLintの列車は、カミンズの燃料電池システムを搭載し、世界初の100%水素を搭載した旅客列車ルートで運行されています。この列車は水素燃料をエネルギーに変換し、既存の非電化インフラをゼロエミッション鉄道に変えます。これらの列車は、運転中は蒸気と凝縮水のみを放出し、オペレーターと乗客の快適性を向上させる低騒音レベルで運転します。

列車に使用される水素燃料電池システムは、ドイツのヘルテンにあるカミンズの水素燃料電池システム製造センターで組み立てられています。この施設は2022年に完全に稼働し、ヨーロッパと世界中で水素技術の導入を加速しました。

北米。チェック。ヨーロッパ。チェック。世界中に新電力のフットプリントを拡大しました

今年は、新しいインフラプロジェクトを支援し、政府の脱炭素化目標を推進することで、世界中でグリーン水素経済を推進しました。

スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州グアダリャラにある新しいギガワットPEM電解槽製造工場で、当社は地面を切り開いています。2023年末までに建設が完了する予定です。200,000平方フィートの施設は、年間500MWの生産能力を持ち、年間1GW以上に拡張することができます。

欧州共通利益重要プロジェクト(IPCEI)Hy2Techプログラムにより、ベルギーのEevelの電解槽製造施設は1GWに能力を拡大しました。IPCEIは、カミンズが大規模な水素生産システムに電力を供給する新世代のPEM電解槽セルスタックの開発を支援します。ドイツのヘルテンにある新しい水素燃料電池システム製造センターで今年から稼働を開始し、さらにヨーロッパ全域で水素技術の採用を可能にしました。

カナダのオンタリオ州ミシサガキャンパスを拡張し、水素技術専用の3つ目の施設を追加しました。この新しい施設は、増え続けるスタッフ、水素製造能力、新製品開発に対応しており、カミンズは北米の発展途上の水素市場をサポートするより良い立場に立っています。

待ち時間は終わった -電動パワートレインが公式デビュー

カミンズのバッテリーシステムを搭載したメリター17Xe ePowertrainを発表しました。17Xeは、高負荷トラック用に設計されており、総重量44トンをサポートします。また、この組み立てには、カミンズの新しいリン酸鉄(LFP)バッテリーパックも搭載されています。

カミンズのクリーンなドライブトレインオプションは、世界中の様々な用途にパフォーマンスとパッケージングの利点をもたらします。

電解槽はステートサイドです。米国で生産を開始します。

米国ミネソタ州フリドリーの施設で初めて電解槽の生産を開始することを発表しました。国内のグリーン水素経済を前進させるために、当社は年間500メガワット(MW)の製造能力からスタートし、将来的には1ギガワット(GW)にまで拡張することができます。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

トロフィーを持つ受賞者たち

Cummins Inc.(NYSE:CMI)は、当社で最も権威のある技術賞「Julius Perr Innovation Award」の2022人を受賞しました。23年目を迎えたこの賞は、当社製品の重要な知的財産を開発することで、イノベーションとテクノロジーに優れた実績を示した従業員を表彰するものです。

今年の受賞者は、カミンズの従業員、リチャード・アンシマー、クリシュナ・カマサムドラム、アショク・クマール、Guoqiang Li、Tim Proctor、マイケル・ウィルソン、アレクシー・イェゼレツです。また、Neal Currier、Ed Hodzen、Vivek Sujanも承認されています。

イノベーションについて

最初に受賞した特許は、選択的還元触媒(SCR)に対する硫黄蓄積の軽減に関するものです。

Ancimer、Currier、Kamasamudram、クマール、Yezeretsは、この硫黄の蓄積を監視するだけでなく、再生中のエンジンの動作条件を同期させ、触媒をより速く、より低温で再生する方法を開発しました。彼らの仕事は、Euro IV/V/VI、EPA 2010、Tier IV、高硫黄燃料などのカミンズ製品に採用されており、今後も排出ガス規制に対応する役割を果たし続ける可能性が高いです。

Wilsonは、硫黄燃料の高い地域、特に南米のEuro V製品のサービスチャネルを対象とした別のアプローチを開発しました。彼の発明の重要な特徴は、シリンダーの非アクティブ化を含み、彼の作品はカミンズ以外の特許で何度も引用されています。

2度目の受賞技術として、Hodzen、Li、Proctor、Sujanは、受賞歴のあるイートン・カミンズSmartAdvantageTMパワートレインの一部であるSmartTorque2(ST2)機能を発明しました。この機能は、グレードや重量などさまざまな要因を自動的に感知し、パフォーマンスと燃費に最適なトルクを選択します。この発明は2013年に初めて製造され、2017年以来X15製品の標準製品となっています。

受賞について

この賞は、燃料システム担当バイスプレジデントとして1997年にカミンズを退任したジュリウス・パー博士を表彰するために作成されました。2005年に亡くなったパー博士は、ハンガリーの共産党員を亡くした後、1958年にカミンズに入社しました。インディアナ州コロンバスを自宅に持ち帰り、カミンズのエンジニアとリーダーとして41年間のキャリアをスタートしました。彼の生涯において、彼は186件の特許を与えられた発明家または共同発明家に選ばれ、当社の業界の多くの人にインスピレーションを与え続けています。

2022年のセレモニー

2022年2022月18日に、上級技術リーダー、Perrファミリーのメンバー、10人のPerr Awardの受賞者、ゲストと対面して、Julius Perr Innovation Awards Awards Ceremonsが開催されました。クリシュナ・カーマサムドラム、アショク・クマール、Guoqiang Li、ミハエル・ウィルソンの4人の受賞者が、その賞を受け取ることができました。他の3人の受賞者は出席できませんでしたが、受賞と特別賞は別々に授与されています。

検討委員会

すべての事業部のリーダーで構成される選考委員会のメンバーは、毎年開催され、当社製品に大きな価値をもたらしてきた特許を評価します。2022年には、1,100以上の特許が検討され、最終的な特許賞を受賞しました。2000年以来、この名誉ある賞に選ばれたのはわずか84件で、発明ごとに革新性と信頼性というブランドの約束に価値が加わってきました。

2022年の Julius Perr Innovation Awardを受賞し、2022名の受賞者に改めて祝福を贈呈します。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

発電機のある家のイラスト

この記事は、カミンズの正規代理店であるBeer Electricのチャック・マクローガティ氏が執筆しました。

スマートフォン、スマートTV、バーチャルアシスタント、スマートサーモスタット、スマートロック、ドアベル。私たちの家にはスマートデバイスが満載です。残念ながら、それらのほとんどは、実行したり再充電したりする電力がなければ役に立たなくなるのです。住宅所有者は、何よりもスマートデバイスを1つ設置することを検討すべき理由:家庭用非常用発電機。

カミンズの正規代理店として、オレゴン州各地にカミンズ QuietConnect™家庭用非常用発電機をたくさん設置しています。悪天候や停電、電力網の老朽化が進む中、バックアップ発電機は価値ある投資だと思います。

これらのスマートデバイスを所有する上で最も良い部分は?オン/オフのタイミングを伝える必要はありません。自動的に実行されます。

一言で言えば、そのプロセスを以下に示します。

カミンズの家庭用非常用発電機を設置する際には、カミンズの自動切り替えスイッチも設置します。この切り替えスイッチは、家庭に入る電力を常に監視します。停電が検出された場合、自動的に電気会社の送電線から一瞬で家を外し、代わりにカミンズの発電機をオンにして家に電力を供給します。発電機は、天然ガスラインまたはプロパンタンクによって供給されます。

カミンズの発電機が家庭に電力を供給している間、切り替えスイッチは引き続き電力会社の送電線を監視します。電力が回復したことを検出すると、自動的に発電機を家庭の電気システムから外し、電気会社を再接続します。

何もする必要はありません。灘。無。発電機と切り替えスイッチがすべての作業を行います。場合によっては、停電に気付かないこともあるかもしれません。窓の外を見て、近所の家が暗い姿を見ると、停電が起きることがあります。

カミンズ正規代理店にバックアップ発電機を専門的に設置し、切り替えスイッチを使用することで、ご家庭に適したサイズの発電機を選択することが重要です。小さすぎると、負荷が家の中のすべてを動かすわけにはいかないからです。大きすぎると、使用すると天然ガスやプロパンが余分に消費されます。

正しいサイズの発電機を選択する最も簡単な方法は、代理店に依頼する方法です。しかし、必要な発電機の量を感じたい場合は、カミンズは、必要な発電機のワット数を計算する上で優れたブログ記事を持っています。または、Cummins.com で発電機のサイズ計算機能を使用することができます。

私たちは、スマートデバイスでいっぱいの世界に生きています。カミンズ QuietConnect家庭用非常用発電機を使って、停電時も稼働を続けることができます。お近くの代理店を探すには、カミンズの代理店検索をご利用ください。オレゴン州にお住まいの方は、(503) 678-3417または[email protected]までご連絡ください。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。