カミンズのエンジンを搭載したGILLIGバッテリー電気バスは、テスト済みであることから信頼されています。

カミンズエンジン搭載のGILLIGバッテリー電気バス

Trusted because it’s tested.  

What do sand bags, mountains, a drone and a film crew all have in common? Well, not much, except that they were all an important part of GILLIG and Cummins’ effort to illustrate the extent of the testing and validation process for the Cummins-powered GILLIG battery electric bus.  

Since 2017 when Cummins and GILLIG announced the partnership to work together on developing an industry-leading all-electric powertrain, both organizations have worked diligently to engineer, test and validate our offering. This is no easy feat, but one that helps distinguish us from the competition. As we bring forward new technologies, we do so with the same commitment to quality customers have come to expect. But how?  

I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.”  - Thomas Edison

Testing and validation 

A critical piece in bringing forth best-in-class solutions is Cummins commitment to test and validate our offerings against the needs of the customer. For our battery electric system (BES), this means validating products on a component level (e.g. Cummins proprietary BP74E batteries), a powertrain level, and even more broadly working with GILLIG to test performance of the overall bus.  

Ultimately, like most students taking a test, we want to pass. But, just as Thomas Edison noted, the ability to innovate would not be complete without small failures along the way. Testing, and not succeeding is also critical to the process. The failed tests provide insight on the current limits of a product so that designs can be adjusted, and performance optimized to meet the many different scenarios our customers will see in their daily work. We’d be failing our customers, without a few failures along the way.  

Real world conditions

GILLIG and Cummins also take pride in validating our products under real world scenarios, not just ideal conditions. To this end, which was illustrated recently in the gradeability test for the GILLIG bus, various tests were run on the bus as it was loaded with sandbags to simulate the weight of passengers. A powertrain that can operate efficiently, but can only do so empty, is of no value to a community looking to transport people all day, every day.  

Similarly, we work closely with field test customers to refine solutions and deliver a trusted and reliable product. Big Blue Bus in Santa Monica, who received the first field test bus in July 2019, has been a critical partner in providing feedback using real routes and day-to-day operating scenarios. Working with valued customers and end users to identify opportunities that can be enhanced is crucial. The collaboration and partnership that field test customers provide allows us to deliver a product that will meet and exceed customer expectations. Thankfully, the field test has gone well, and as testament to that Big Blue Bus announced that they will be purchasing 18 additional electric buses.

Trust: a commitment we take seriously

So, the next time you’re driving up a mountain or simply travelling in your city, and see a Cummins-powered GILLIG battery electric bus, rest assured that it has been through an extensive testing process to ensure safety and reliability. Our customers and communities trust us – and that is something we don’t take lightly.  

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

カミンズの社員7人が、名誉あるジュリウス・パー・イノベーション賞を受賞

トロフィーを持つ受け手

Cummins Inc.(NYSE:CMI)は、当社で最も権威のある技術賞「Julius Perr Innovation Award」の2022人を受賞しました。23年目を迎えたこの賞は、当社製品の重要な知的財産を開発することで、イノベーションとテクノロジーに優れた実績を示した従業員を表彰するものです。

今年の受賞者は、カミンズの従業員、リチャード・アンシマー、クリシュナ・カマサムドラム、アショク・クマール、Guoqiang Li、Tim Proctor、マイケル・ウィルソン、アレクシー・イェゼレツです。また、Neal Currier、Ed Hodzen、Vivek Sujanも承認されています。

イノベーションについて

最初に受賞した特許は、選択的還元触媒(SCR)に対する硫黄蓄積の軽減に関するものです。

Ancimer、Currier、Kamasamudram、クマール、Yezeretsは、この硫黄の蓄積を監視するだけでなく、再生中のエンジンの動作条件を同期させ、触媒をより速く、より低温で再生する方法を開発しました。彼らの仕事は、Euro IV/V/VI、EPA 2010、Tier IV、高硫黄燃料などのカミンズ製品に採用されており、今後も排出ガス規制に対応する役割を果たし続ける可能性が高いです。

Wilsonは、硫黄燃料の高い地域、特に南米のEuro V製品のサービスチャネルを対象とした別のアプローチを開発しました。彼の発明の重要な特徴は、シリンダーの非アクティブ化を含み、彼の作品はカミンズ以外の特許で何度も引用されています。

2度目の受賞技術として、Hodzen、Li、Proctor、Sujanは、受賞歴のあるイートン・カミンズSmartAdvantageTMパワートレインの一部であるSmartTorque2(ST2)機能を発明しました。この機能は、グレードや重量などさまざまな要因を自動的に感知し、パフォーマンスと燃費に最適なトルクを選択します。この発明は2013年に初めて製造され、2017年以来X15製品の標準製品となっています。

受賞について

この賞は、燃料システム担当バイスプレジデントとして1997年にカミンズを退任したジュリウス・パー博士を表彰するために作成されました。2005年に亡くなったパー博士は、ハンガリーの共産党員を亡くした後、1958年にカミンズに入社しました。インディアナ州コロンバスを自宅に持ち帰り、カミンズのエンジニアとリーダーとして41年間のキャリアをスタートしました。彼の生涯において、彼は186件の特許を与えられた発明家または共同発明家に選ばれ、当社の業界の多くの人にインスピレーションを与え続けています。

2022年のセレモニー

2022年2022月18日に、上級技術リーダー、Perrファミリーのメンバー、10人のPerr Awardの受賞者、ゲストと対面して、Julius Perr Innovation Awards Awards Ceremonsが開催されました。クリシュナ・カーマサムドラム、アショク・クマール、Guoqiang Li、ミハエル・ウィルソンの4人の受賞者が、その賞を受け取ることができました。他の3人の受賞者は出席できませんでしたが、受賞と特別賞は別々に授与されています。

検討委員会

すべての事業部のリーダーで構成される選考委員会のメンバーは、毎年開催され、当社製品に大きな価値をもたらしてきた特許を評価します。2022年には、1,100以上の特許が検討され、最終的な特許賞を受賞しました。2000年以来、この名誉ある賞に選ばれたのはわずか84件で、発明ごとに革新性と信頼性というブランドの約束に価値が加わってきました。

2022年の Julius Perr Innovation Awardを受賞し、2022名の受賞者に改めて祝福を贈呈します。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

家庭用非常用発電機 - スマートな技術、スマートな選択

発電機のある家のイラスト

この記事は、カミンズの正規代理店であるBeer Electricのチャック・マクローガティ氏が執筆しました。

スマートフォン、スマートTV、バーチャルアシスタント、スマートサーモスタット、スマートロック、ドアベル。私たちの家にはスマートデバイスが満載です。残念ながら、それらのほとんどは、実行したり再充電したりする電力がなければ役に立たなくなるのです。住宅所有者は、何よりもスマートデバイスを1つ設置することを検討すべき理由:家庭用非常用発電機。

カミンズの正規代理店として、オレゴン州各地にカミンズ QuietConnect™家庭用非常用発電機をたくさん設置しています。悪天候や停電、電力網の老朽化が進む中、バックアップ発電機は価値ある投資だと思います。

これらのスマートデバイスを所有する上で最も良い部分は?オン/オフのタイミングを伝える必要はありません。自動的に実行されます。

一言で言えば、そのプロセスを以下に示します。

カミンズの家庭用非常用発電機を設置する際には、カミンズの自動切り替えスイッチも設置します。この切り替えスイッチは、家庭に入る電力を常に監視します。停電が検出された場合、自動的に電気会社の送電線から一瞬で家を外し、代わりにカミンズの発電機をオンにして家に電力を供給します。発電機は、天然ガスラインまたはプロパンタンクによって供給されます。

カミンズの発電機が家庭に電力を供給している間、切り替えスイッチは引き続き電力会社の送電線を監視します。電力が回復したことを検出すると、自動的に発電機を家庭の電気システムから外し、電気会社を再接続します。

何もする必要はありません。灘。無。発電機と切り替えスイッチがすべての作業を行います。場合によっては、停電に気付かないこともあるかもしれません。窓の外を見て、近所の家が暗い姿を見ると、停電が起きることがあります。

カミンズ正規代理店にバックアップ発電機を専門的に設置し、切り替えスイッチを使用することで、ご家庭に適したサイズの発電機を選択することが重要です。小さすぎると、負荷が家の中のすべてを動かすわけにはいかないからです。大きすぎると、使用すると天然ガスやプロパンが余分に消費されます。

正しいサイズの発電機を選択する最も簡単な方法は、代理店に依頼する方法です。しかし、必要な発電機の量を感じたい場合は、カミンズは、必要な発電機のワット数を計算する上で優れたブログ記事を持っています。または、Cummins.com で発電機のサイズ計算機能を使用することができます。

私たちは、スマートデバイスでいっぱいの世界に生きています。カミンズ QuietConnect家庭用非常用発電機を使って、停電時も稼働を続けることができます。お近くの代理店を探すには、カミンズの代理店検索をご利用ください。オレゴン州にお住まいの方は、(503) 678-3417または[email protected]までご連絡ください。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

1-800 カミンズ ソフトウェアアップデート

高架の下に駐車中の販売・サービス用トラック

Cummins Inc.(NYSE: CMI)は、1-800-CUMMINSが追加機能としてソフトウェア販売を提供することを発表します。この新機能でサポートされるソフトウェアのスイートには、INSITE、QSOL、PowerSpec、INCAL、Guidanz IAが含まれます。1-800-CUMMINSを通じてこれを利用できるようにすると、お客様のハンドオフを合理化し、ダウンタイムを削減し、お客様が常に応答性の高いプロアクティブなソフトウェアセールスサポートを受けられるようにします。

何が変わるのか?

• 1-800-CUMMINS™の新しいソフトウェアセールスオプション
• レガシー番号へのすべての通話は、1-800-CUMMINS™にリダイレクトされます。

何が同じですか?

• エンジン、発電機、カミンズのデジタル製品に関する部品サポート、製品およびサービスに関する一般的な問い合わせ、サービスプロバイダーの技術支援については、1-800-CUMMINS™までお電話ください。

変更はいつ行われましたか?

• 2022年10月10日(月)

"私たちはお客様に提供するこの新しいサービスに感激しています。これにより、お客様が必要とするサポートをより迅速に受けられるだけでなく、お客様の複雑さを軽減することができます」と、集中管理ソリューションのエグゼクティブディレクターであるGreg Ehlinger氏は付け加えました。"当社の顧客は、ビジネスを動かすために当社を頼りにしており、信頼できるソリューションを、私たちが行っている方法の一つに気を使う専門家が簡単にアクセスできるようにすることです。"

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

カミンズとEDF Renewables社が分散型太陽光発電購入契約を締結

契約調印式

総設置容量16.5 MWpの製造事業体7社をカバーし、施設やオペレーションにおける二酸化炭素排出量を大幅に削減。

カミンズの中国とEDF再生可能エネルギーは、北京で分散型太陽光発電のPurchase協定に署名し、従来のグリッドからの電力消費量を削減し、カミンズの施設および事業における二酸化炭素排出量を削減することを目指しています。カミンズは屋根と地面のスペースを提供し、発電した太陽光発電を消費します。EDF再生可能エネルギーは、太陽光発電装置の投資、設置、運用を担当します。カミンズ担当バイスプレジデントのワン・ニング氏とEDF再生可能エネルギー中国CEOのErwann Debos氏は、双方を代表して契約の締結を完了しました。

EDF is a global leader in renewable energy, including wind and solar. EDF Renewables has profound technical capabilities and service experience in the field of photovoltaic power generation. The partnership will install distributed photovoltaic power generation system at 7 manufacturing entities in Beijing, Wuxi, Wuhan, Chongqing and Liuzhou . With a total installed capacity of 16.5 MW, the project can provide about 280 million kWh of power generation in 20 years, saving about 158,000 tons of carbon emissions. 

「カミンズとEDFが分散型太陽光発電の分野で協力し合い、カミンズがグリーンエネルギー消費を拡大し、プラント事業からの排出ガスを削減する新たな機会を提供できることを嬉しく思います。これは、カミンズが中国地域で2023年までに総電力消費量の10%以上を占める再生可能電力の利用を達成するのに役立ちます。このプロジェクトは、グリーン生産とオペレーションにおける当社の能力をさらに可能にし、持続可能な開発のために私たちを良く位置づけていきます」と、WANG Ning氏は述べています。

現在、屋上ビルを利用して太陽光発電システムを設置することは、企業のお客様が二酸化炭素排出量を削減する非常に効果的な方法です。カミンズとEDFは20年の電力購入契約を締結し、二酸化炭素排出量削減目標と電気コスト削減を同時に達成することができます。

エルワン・デボス氏は署名式で、「カミンズがプラネット2050の戦略的目標を達成できるよう、分散型太陽光発電再生可能エネルギーソリューションをカミンズに提供できることを光栄に思います。EDF Renewablesは、お客様と協力して、企業の低炭素化に関する最先端の統合エネルギー管理ソリューションを提供し、グローバルなエネルギー移行を可能にすることを目指しています。"

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術のリーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオのデザイン、製造、販売、サービスを手がける補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃機関、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御装置、バッテリー、電解槽、燃料電池などがあります。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。