手を取り合って:カミンズとデュポンがN95マスクの深刻な不足を解消するために協力

カミンズのフィルター技術 - N95マスクのろ材

Cummins and Dupont are working together to help address the current shortage of N95 masks in the United States and elsewhere around the world. 

As the COVID-19 pandemic spreads across the globe, Cummins and DuPont are helping address the nation’s shortage of N95 respirator masks. The need for the masks has skyrocketed in recent weeks due to the global pandemic, and Cummins will use its NanoNet® Media to help answer that need. 

According to Amy Davis, Vice President of Cummins Filtration, with many of the world’s leading mask manufacturers in need of the critical materials to assemble the masks and struggling to meet demand, Cummins will use pre-existing filter technology in partnership with DuPont to help fill the supply void. 

"Cummins is re-evaluating our supply base and manufacturing capabilities to identify how we can support our healthcare professionals who rely on critical personal protective equipment to do their jobs," Davis said. "Our NanoNet® Media can fill a key supply void and help address the mask shortage facing the United States and other countries around the world." 

The project also aims to provide open source instructions that other healthcare systems and groups can use to create their own respirator masks.

Supplying critical materials in a time of need

Cummins’ NanoNet® and NanoForce® Media technology, which uses DuPont’s Hybrid Membrane Technology (HMT), can typically be found in air, fuel and lube filtration products used in heavy-duty diesel engines to prevent long-term engine wear, but also can be used in the N95 respirator masks worn by healthcare professionals to filter harmful airborne particles that can spread COVID-19. 

The N95 designation means the respirator can block at least 95 percent of particles from entering the wearer’s nose and mouth. When Cummins’ NanoNet® Media was tested using an industry standard testing method, it exceeded the performance requirements for N95 designation. Cummins’ manufacturing facilities have since provided media samples to mask manufacturers across the globe to test its effectiveness.

Cummins Filtration - N95 masks - stock of media
Stock of Cummins Filtration NanoNet® and NanoForce® Media technology winding. 

While products featuring Cummins’ media will need to be vetted and approved by the National Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH), the company is preparing to do its part to help relieve the burden facing the healthcare industry. 

“We’re working as quickly as possible with healthcare regulators and other partners to help certify products with our materials, and prepare our manufacturing facilities to meet demand,” added Davis. 

Keeping our healthcare workers safe

The first mask prototypes using Cummins’ donated media were assembled by University of Minnesota teams in March as part of an initiative to provide masks to M Health Fairview and other Minneapolis-based healthcare systems. As the COVID-19 outbreak escalated, the University of Minnesota realized their supply of N95 masks to protect healthcare workers would potentially run out in a matter of weeks. 

To address this challenge, a team of designers, engineers, chemists, surgeons, anesthesiologist and apparel and clothing experts from the University of Minnesota’s Institute for Engineering in Medicine; Medical School; College of Design; College of Science and Engineering; and Center for Filtration Research Consortium (CFR) came together to address this projected shortage of critical personal protective equipment. 

N95 filter media infographic - Cummins
Advanced, high-performance media for N95 respirator manufacturing. 

"The first thing we recognized from our experts in the Center for Filtration Research, who work directly with Cummins, is that not all filtration materials are created equal and that the Cummins material is an excellent alternative," said Jakub Tolar, Campus Health Officer and Medical School Dean at the University of Minnesota. 

"We are tremendously grateful for the generous donation from Cummins of their filtration materials toward our mask effort. Since the arrival of the filtration media, we have been able to make rapid progress, and we now believe we have several viable mask options, including both a disposable and re-usable option. These designs show real promise in keeping our healthcare workers safe should standard medical supplies of N95 masks no longer be available,” continued Tolar.

While DuPont’s innovative and unique Hybrid Membrane Technology (HMT) is typically integrated with Cummins’ synthetic fibers to protect sensitive engine components, it has multiple other applications that can include filtration media used in N95 respirator masks. 

DuPont’s Hybrid Membrane Technology goes beyond the limits of traditional semi-porous or nonwoven membranes for air and liquid filtration. Made using a proprietary spinning process, the hybrid technology materials are comprised of continuous sub-micron fibers. The end result is a “membrane-like” sheet structure that balances breathability and high filtration efficiency of particulates. 

“We are proud to make our advanced technology available to help protect more caregivers on the front lines of this global health crisis,” said HP Nanda, Global Vice President & General Manager, DuPont Water Solutions.

“We thank our partner Cummins for transitioning the use of its production line to help address the global shortage of N95 mask materials, and we thank the experts at the University of Minnesota for their leadership in testing and designing several mask options for the benefit of many healthcare systems," Nanda added. "By working together—and innovating new applications of existing technologies and materials—we hope to slow the spread of this terrible virus."

Mask manufacturers interested in learning more about Cummins’ media technology can visit https://cumminsfiltration.com/respiratormedia.

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

カミンズの1935年のオーバーンへのロードトリップは、古風な車の愛好家から強い関心を呼び起こします 

ACDイベントに展示されている1935年オーバーン655(右端)

歴史的な車を鑑賞することは、世界中の自動車愛好家や組織に受け継がれている情熱です。そのような組織の一つが、オーバーン・コード・デューゼンバーグ(ACD)オートクラブです。ACDは、インディアナ州コナーズビル「リトルデトロイト」にさかのぼる歴史的な自動車を記念して毎年開催されます。8月、カミンズはACDのミニミートで1935台の白いオーバーン655ディーゼル車を展示するよう招待されました。

カミンズのサービス診断部門のディレクター、ティム・ディーン氏は、「オーバーンの存在は、カミンズとオーバーンの話をほとんど知らなかったため、このイベントでは圧倒的なヒットを記録しました。「私たちは、クラブメンバー、参加者、さらにはコナーズビル市長からの称賛と感謝を受け、車と当社の歴史に対する話題と熱意を生み出すことができました。" 

カミンズエンジン社の設立者であるクレシー・カミンズは、既存のディーゼルエンジンの改良、新しいディーゼルエンジン設計の作成、トラック、バス、レースカーでの耐久性とスピードの世界記録を樹立することで知られていました。自動車の用途でディーゼル電力の効率を上げるという初期の成功は、知られているほど知られていないのでしょう。当時、ディーゼルを搭載した乗用車は製造されていませんでした。1935年、カミンズはオーバーン自動車社と短時間協力して、1935年のオーバーン用の6気筒ディーゼルのプロトタイプをカミンズモデルに搭載しました。一般的な鋳鉄製ディーゼルエンジンよりもはるかに軽量なエンジンにアルミニウムブロックとヘッドを採用した革新的な新しいエンジンは、燃料効率を高め、ガソリンエンジンに比べてコストのかかる燃料を使用する方が燃費が良くなりました。

事実対虚構

カミンズのエンジンを搭載した1935年のオーバーン655とその存在は、ほとんどが不思議に包まれています。最近まで、この1台の生産前のプロトタイプカーは、長年にわたり貯蔵や会社の博物館に座っていたため、その存在を確認できたACDクラブのメンバーはほんの一握りでした。メンバーの大半は、オーバーンとカミンズの間の冒険について知らず、この車を直接見て、その物語が架空のもの以上の事実であることを知ってワクワクしていました。

「クレシー・カミンズの車両を一般に公開し、カミンズの歴史の一部を共有する絶好の機会でした」と、カミンズのX15設計・開発リーダーであるグレッグ・ヘインズは、ロードトリップでDiehnと提携しました。「インディアナ州オーバーンで開催された、数千人が参加する国際的なイベント「Labor Day ACD Festival」では、来年もこの車を見せてもらえました。"  Tim and Gregは、カミンズのエンジニアグループの一員で、カミンズのヘリテイジセンターで歴史的なエンジンや車両の回収を修復・メンテナンスするボランティア活動を行っています。 

次のロードトリップまで、オーバーンはインディアナ州コロンバスのカミンズ本社に戻り、他の歴史的な会社の工芸品とともに誇りを持って展示されています。そこでは、103年の歴史の中で、会社に関連する多くのイノベーションを従業員や訪問者に思い出させる役割を果たします。

J.I.ミラー、1974年にオーバーンを退社

1974年、オーバーンは「再発見」され、現在の状態に復元され、40回目のサービス記念日としてJ.I.ミラーに贈られました。1974年7月22日 - J.I.ミラー(当時カミンズ会長)がオーバーンを退任。

より多くの画像を見て、イベントの詳細を見る!

タグ

カミンズ、「2022年度・障がい者受け入れが最も進んでいる職場」に選出

""

Cummins Inc.は、多様性、公平性、インクルージョンへの取り組みの深い歴史に心を動かされています。当社のグローバル障穏者インクルージョンイニシアチブは、障害を持つ人々が自分の可能性を満たすことが可能な、アクセス可能でインクルーシブな職場を作ることを目指しています。この取り組みは、カミンズが今年の「障籗者インクルージョンで働きに最適な場所」の賞を受賞した時に祝われます。

カミンズは、企業が障害のインクルージョンと平等を達成するために取ることができる測定可能で有形の行動のロードマップを構築するのに役立つ包括的なベンチマークツールであるD DEI(障害平等指数)で100のトップスコアを達成することで、この賞を受賞しています。

「この機会を利用して、障害インクルージョン戦略の周知、世界的に認められた基準に反する当社の進歩の測定、歴史的に十分に活用されていない労働力から貴重な人材をより効果的に引き付け、維持しています」と、インクルージョン、障硝者、退役軍人のエグゼクティブディレクター、デニス・ヒースフィールド氏は述べています。また、障硯者インクルージョンイニシアチブリーダーも務めています。「当社の技術や施設のアクセシビリティ向上に向けた教育、戦略的パートナーシップ、金融投資を通じて、カミンズは障穣者に選ばれる雇用主となり、障穣者の雇用に対する障壁を減らすために地域社会で働くことを目指しています。"

DEIは、全米最大の障穣者権利団体である米国障害者協会(AAPD)と、グローバルなビジネス障害インクルージョンネットワークである Disability:INが共同で取り組み、障穣者のインクルージョンを一括して推進しています。組織は補完的であり、このプロジェクトが企業や障籗者コミュニティに関連し、信頼できる独自の強みを持っています。

世界では、障害を持つ人々は10億人を超えています。障害は人間の経験の自然な部分であり、年齢、民族、性別、性自認、人種、性的指向、社会経済的地位、宗教の線を越えます。カミンズのリーダーと従業員は、障壁を取り除き、共感を持って対応し、すべての人に公平な機会を創出することで、前向きな変化を可能にします。カミンズの願いは、すべての人々が自分が何者であり、何を達成しようと思っているのかを受け入れられる、より豊かな世界を見るということです。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

マリオ・アンドレッティ、カミンズの伝説的なレースカーを運転

歴史に名を残すカミンズのレースカーを運転するマリオ・アンドレッティ

レーシング界のレジェンドでチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、インディアナポリスモータースピードウェイ(IMS)でインディアナポリス500を106回目に走り、インディアナポリスモータースピードウェイ博物館が開催したプレレース中に、1952番28番のカミンズディーゼルスペシャルカーを運転する準備をしています。

アンドレッティを車輪に乗せて、インディアナポリス500でポールを設定した唯一のディーゼルエンジンを搭載した車は、再びトラックの歴史を作り上げています。

カミンズは、陸上速度記録から「レースで最も素晴らしい眼鏡」での偉業まで、豊富な「ファースト」の歴史を持っています。これらのイノベーションは、必ずしも研究室で開発されたとは限りません。実際、当社の設立者であるクレシー・カミンズ氏は、モーターレースを利用して、現在のカミンズ製品のコアテクノロジーの多くを開発しました。

テクノロジーに驚かされたこの時代、エンジニアのチームが改造した400立方インチ、6気筒のターボチャージ式カミンズディーゼルエンジンを製造し、インディアナポリス500を初めて搭載したターボチャージャーエンジンとなりました。この車は、1952年のレースでポールポジションを獲得し、時速139マイルの1周の実績を樹立しました。

大型ディーゼルエンジンを可能にする規則を利用して、カミンズのエンジニアと技術者のクルーは、28号車に改造されたトラックエンジンを使用し、トラックで初めてターボチャージャーを使用しました。歴史的な1952番28号車は、ディーゼルエンジン技術の進歩だけでなく、レースカーのシャシーデザインにおけるカミンズの革新性も特徴です。2019年、カミンズのエンジニアは3Dプリントを使用してウォーターポンプを再作成し、車を運転状態に戻しました。

カミンズとインディアナポリスモータースピードウェイは、最初のインディアナポリス500で1911年以来、長く歴史を積み上げています。2019年、カミンズ、IMS、およびIMS博物館は、革新の歴史を認識するための複数年にわたるパートナーシップを発表し、同年4月には、世界で最も有名なレーストラックでNo.28カミンズディーゼルスペシャルがテストラップを実施しました。

モーガン・ドネリーが微笑む

Morgan Donnelly(モーガン・ドネリー)

Morgan Donnellyはデジタルブランド評判シニアスペシャリストです。オハイオ州オックスフォードにあるマイアミ大学で、戦略コミュニケーション&プロフェッショナルライティングの学士号を取得した後、2018年に入社しました。

カミンズ、多様性の観点から2022年最優秀雇用主に選出

屋外で気軽に意見を交わす従業員たち

Cummins Inc.は長い間、多様性、公平性、インクルージョン(DE&I)への取り組みを示してきました。会社の設立者J.アーウィン・ミラー氏は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏と共に行進し、1964年の公民権法に貢献しました。カミンズは1980年代にアパルトヘイトに対する姿勢で南アフリカとのビジネスを断念し、同性愛の結婚を禁止する州憲法に反対してきた歴史があります。今日、このレガシーは、カミンズが事業のあらゆる面でDE&Iに対する強いコミットメントを示し、会社に競争上の優位性を与えるだけでなく、世界中の地域社会への行動と貢献を導く戦略として評価されています。

この深いコミットメントは最近、Forbesによって表彰され、すべての業界で働く60,000人を超える従業員が選出した、名誉ある「多様性のための最高の雇用主2022」リストでカミンズを4位にランクインしました。

Cummins Inc.のダイバーシティ&インクルージョン担当バイスプレジデント、キャロリン・バトラー=リー氏は、「多様でインクルーシブでアクセス可能な環境を実現することは、私たちが何者であるかに不可欠です。

「当社の揺るぎない取り組みは、当社の歴史とコアバリューを通じて示されており、社会において価値観を重視し、前向きな力となるという当社の遺産と責任を受け入れます。この認識は、すべての人が成功するためのスペースを作るための従業員とリーダーの懸命な努力と献身的な姿勢を反映しています。"

Forbesの評価は、自分の雇用主に対する従業員からの直接の推薦という4つの異なる基準に基づいています。自分のものではない雇用主に対する間接提案。トップエグゼクティブ/取締役会の多様性。多様性を担当する管理職の存在、多様な企業文化の積極的なコミュニケーション、または公開されているダイバーシティレポートなど、多様性の指標。

カミンズの社長兼最高執行責任者であるジェニファー・ラムジー氏は、「カミンズでは、今日の社会的および環境的課題が私たち全員に影響を与えるので、私たちは皆、それらに対処する役割を持たなければならないと断固として信じています。「従業員が自ら働くことができるインクルーシブな環境を作ることは、私たちがこれらの問題に対して最も優れた、最も多様な解決策を確実に持っていることを保証するための鍵です。この認識は、当社がこの取り組みに取り組んだ意図的性と、それが当社、チーム、地域社会にどのように影響するかについての素晴らしい認識です。"

昨年、パンデミック、サプライチェーンの遅れ、その他の世界的な逆風の中で、カミンズは新しい戦略でDE&Iへのコミットメントを強化し、以下を含む一連の前向きなイニシアチブをさらに促進しました。

  • カミンズパワーズウィメン:男女平等に焦点を当てた、尊敬されるグローバルな非営利団体とのパートナーシップを通じて、世界中の女性と少女たちの生活に大規模な変化を生み出すために設計された、数百万ドル規模の投資です。
  • カミンズは、人種的公平性(CARE)を提唱しています。米国では、制度的人種差別を解体しつつ、システミックな公平性を生み出す取り組みを行っています。このイニシアチブは、警察改革、刑事司法、社会正義、経済的エンパワーメントにおいて、黒人のための人種的公平性を提唱しています。
  • グローバル障穣者インクルージョン戦略:障穣者が自分の可能性を満たすことが可能な、アクセスしやすいインクルーシブな職場や地域社会を作ることを目指しています。
  • LGBTQ+セーフリーダートレーニング:カミンズの従業員が利用できるグローバルなスキル構築プログラムであり、職場で意識的または無意識の偏見を示すことができる、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、その他のアイデンティティに関連するトピックに効果的に対処する方法の概要を含む、外部組織と共有しました。
  • カミンズの退役軍人戦略:強力なパートナーシップを構築し、軍の採用と維持プログラムを形成するために、その人々、エネルギー、財源を投資し、退役軍人とその家族の生活と幸福を改善することに焦点を当てたイニシアチブを進めるために設計されたプログラム。
カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。