High Tech is Getting the Cummins Diesel Special Back to Indianapolis

カミンズディーゼルスペシャルがインディアナポリスモータースピードウェイに勝利を収めたのは、イギリスのグッドウッド・スピード・フェスタリーで2017回の成功を収めました。
カミンズディーゼルスペシャルがインディアナポリスモータースピードウェイに勝利を収めたのは、イギリスのグッドウッド・スピード・フェスタリーで2017回の成功を収めました。

The No. 28 Cummins Diesel Special was the technology wonder of its day. More than six decades later, high technology is helping get the record-setting race car back on the track that made it famous.

Cummins engineers, using 3D printing and computerized tomography scanning, created a new water pump for the car, which will return to the Indianapolis Motor Speedway later this month after setting a one-lap track record of 139 miles per hour in qualifying for the pole position in the 1952 race. 

“Without 3D printing, we would not have gotten this project done in the time frame that we had to do it,” said John Rupp, Advanced Manufacturing Technical Advisor at the Cummins Technical Center in Columbus, Indiana (U.S.). 

BUILDING A FASTER RACE CAR

To commemorate Cummins’ 100th anniversary, the 2019 Indianapolis 500 will include a parade lap featuring the five company-engineered cars that participated in previous races, the first in 1931 and the last, the No. 28 car, in 1952.

The Cummins Diesel Special in its heyday.
The Cummins Diesel Special in its heyday.

Cummins’ founder Clessie Cummins occasionally used the 500 to demonstrate and promote the virtues of his company’s engines. By 1952, he had left the company, but the goal was essentially the same.

Taking advantage of rules allowing for larger diesel engines, a crew of Cummins’ engineers and technicians used a modified truck engine in the No. 28 car, with the first turbocharger ever used at the track. Some parts were milled from aluminum or magnesium to reduce weight. The team used a wind-tunnel to design a more aerodynamic car body.

An air of secrecy surrounded the effort in the days before the 1952 race and many interpreted that silence to mean the car was a flop. Imagine the surprise when the Cummins Diesel Special captured the pole with a four-lap average of 138 miles per hour, and set the single lap record. It would complete 70 laps (175 miles) in the race that year before retiring with a clogged turbocharger caused by rubber debris on the track.

MAKING OLD NEW AGAIN

Scan of old pump
The darker areas of this scan of the old water pump on the Cummins Diesel Special show where it was badly eroding.

Over the years, some parts on the No. 28 car didn’t age particularly well, according to Greg Haines, an Off-Highway Design & Development Leader at the company and a member of the Cummins History & Restoration Team. The team worked to get the Cummins cars running again for the anniversary.

The water pump, one of the custom parts made of magnesium to reduce weight, was especially concerning. Haines said it was pitted all the way through in one place and very thin in others. To make matters more challenging, no plans for the pump could be found to make a replacement.

It was around this time that the Cummins Diesel Special was invited to participate in the 2017 Goodwood Festival of Speed, which describes itself as “motorsport's ultimate summer garden party.” The hill-climb in West Sussex, England, features modern and historic racing vehicles, and draws big crowds of devoted fans. The Cummins Diesel Special participated in the event in the late 1990s but sat for many years after. It would never make it without a new pump. Suddenly the clock was ticking again for No. 28.

The old water pump and the new water pump.
The new part (below, left) for the Cummins Diesel Special took just days to print, replacing the old part (above, right).

There wasn’t time to make a new part using traditional sand casting methods, so the Cummins team turned to 3D printing. The company had been studying the technology for use in manufacturing for several years, Rupp said, but it had not yet purchased any printers capable of creating metal objects one ultra-thin layer at a time.

Building a new pump was a great chance to tackle a problem facing the company when it comes to aftermarket parts for older engine models.

“A real problem we face in the aftermarket space is finding a supplier willing to manufacture a 40-year-old design that was once a high-volume part to fill an order for two or three parts economically,” said Brett Boas, Director of Advanced Manufacturing at the Cummins Technical Center in Columbus. “The tooling to make the casting just no longer exists. Additive technology solves this problem.”

Cummins worked with 3rd Dimension Industrial 3D, an additive manufacturing company in Indianapolis. The old pump was scanned to “reverse engineer” its unique features and create a digital file for the 3D printer to use.

In less than a week, the new part was printed and ready to go and No. 28 was off to Goodwood.

A RARE FIND IN THE BASEMENT

The History & Restoration Team is using the same techniques to restore a rare Model F diesel engine found in the basement of the Cummins’ Corporate Office Building, partially disassembled and missing parts. Considerably older than the Cummins Diesel Special, the Model F engine was produced from 1924 to 1931 to power lighthouses, industrial shovels and other uses. 

Cummins engineers are reverse engineering any missing parts and using 3D printing. They hope to have the engine running by the company’s anniversary celebration in June.

“The 3D scanning, reverse engineering, and advanced manufacturing technology that are available today are helping to make these projects possible,” Haines said. “This is an excellent example of using modern technology to restore our historic artifacts.”

Watch: The No. 28 Cummins Diesel Special run a test lap at the Indianapolis Motor Speedway (April 2019)

サステナビリティコミュニケーション担当ブレア・クラフリンディレクター

ブレア・クラフリン

ブレア・クラフリンは、Cummins Inc.のサステナビリティコミュニケーションズのディレクターです。ブレアは2008年にダイバーシティコミュニケーションディレクターとして入社しました。ブレアは、新聞のバックグラウンドを持っています。以前はインディアナポリス・スター(2002-2008)、デモイン・レジスター(1997-2002)で働いていました。[email protected]

 

カミンズ、「2022年度・障がい者受け入れが最も進んでいる職場」に選出

""

Cummins Inc.は、多様性、公平性、インクルージョンへの取り組みの深い歴史に心を動かされています。当社のグローバル障穏者インクルージョンイニシアチブは、障害を持つ人々が自分の可能性を満たすことが可能な、アクセス可能でインクルーシブな職場を作ることを目指しています。この取り組みは、カミンズが今年の「障籗者インクルージョンで働きに最適な場所」の賞を受賞した時に祝われます。

カミンズは、企業が障害のインクルージョンと平等を達成するために取ることができる測定可能で有形の行動のロードマップを構築するのに役立つ包括的なベンチマークツールであるD DEI(障害平等指数)で100のトップスコアを達成することで、この賞を受賞しています。

「この機会を利用して、障害インクルージョン戦略の周知、世界的に認められた基準に反する当社の進歩の測定、歴史的に十分に活用されていない労働力から貴重な人材をより効果的に引き付け、維持しています」と、インクルージョン、障硝者、退役軍人のエグゼクティブディレクター、デニス・ヒースフィールド氏は述べています。また、障硯者インクルージョンイニシアチブリーダーも務めています。「当社の技術や施設のアクセシビリティ向上に向けた教育、戦略的パートナーシップ、金融投資を通じて、カミンズは障穣者に選ばれる雇用主となり、障穣者の雇用に対する障壁を減らすために地域社会で働くことを目指しています。"

DEIは、全米最大の障穣者権利団体である米国障害者協会(AAPD)と、グローバルなビジネス障害インクルージョンネットワークである Disability:INが共同で取り組み、障穣者のインクルージョンを一括して推進しています。組織は補完的であり、このプロジェクトが企業や障籗者コミュニティに関連し、信頼できる独自の強みを持っています。

世界では、障害を持つ人々は10億人を超えています。障害は人間の経験の自然な部分であり、年齢、民族、性別、性自認、人種、性的指向、社会経済的地位、宗教の線を越えます。カミンズのリーダーと従業員は、障壁を取り除き、共感を持って対応し、すべての人に公平な機会を創出することで、前向きな変化を可能にします。カミンズの願いは、すべての人々が自分が何者であり、何を達成しようと思っているのかを受け入れられる、より豊かな世界を見るということです。

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

マリオ・アンドレッティ、カミンズの伝説的なレースカーを運転

歴史に名を残すカミンズのレースカーを運転するマリオ・アンドレッティ

レーシング界のレジェンドでチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、インディアナポリスモータースピードウェイ(IMS)でインディアナポリス500を106回目に走り、インディアナポリスモータースピードウェイ博物館が開催したプレレース中に、1952番28番のカミンズディーゼルスペシャルカーを運転する準備をしています。

アンドレッティを車輪に乗せて、インディアナポリス500でポールを設定した唯一のディーゼルエンジンを搭載した車は、再びトラックの歴史を作り上げています。

カミンズは、陸上速度記録から「レースで最も素晴らしい眼鏡」での偉業まで、豊富な「ファースト」の歴史を持っています。これらのイノベーションは、必ずしも研究室で開発されたとは限りません。実際、当社の設立者であるクレシー・カミンズ氏は、モーターレースを利用して、現在のカミンズ製品のコアテクノロジーの多くを開発しました。

テクノロジーに驚かされたこの時代、エンジニアのチームが改造した400立方インチ、6気筒のターボチャージ式カミンズディーゼルエンジンを製造し、インディアナポリス500を初めて搭載したターボチャージャーエンジンとなりました。この車は、1952年のレースでポールポジションを獲得し、時速139マイルの1周の実績を樹立しました。

大型ディーゼルエンジンを可能にする規則を利用して、カミンズのエンジニアと技術者のクルーは、28号車に改造されたトラックエンジンを使用し、トラックで初めてターボチャージャーを使用しました。歴史的な1952番28号車は、ディーゼルエンジン技術の進歩だけでなく、レースカーのシャシーデザインにおけるカミンズの革新性も特徴です。2019年、カミンズのエンジニアは3Dプリントを使用してウォーターポンプを再作成し、車を運転状態に戻しました。

カミンズとインディアナポリスモータースピードウェイは、最初のインディアナポリス500で1911年以来、長く歴史を積み上げています。2019年、カミンズ、IMS、およびIMS博物館は、革新の歴史を認識するための複数年にわたるパートナーシップを発表し、同年4月には、世界で最も有名なレーストラックでNo.28カミンズディーゼルスペシャルがテストラップを実施しました。

モーガン・ドネリーが微笑む

Morgan Donnelly(モーガン・ドネリー)

Morgan Donnellyはデジタルブランド評判シニアスペシャリストです。オハイオ州オックスフォードにあるマイアミ大学で、戦略コミュニケーション&プロフェッショナルライティングの学士号を取得した後、2018年に入社しました。

カミンズ、多様性の観点から2022年最優秀雇用主に選出

屋外で気軽に意見を交わす従業員たち

Cummins Inc.は長い間、多様性、公平性、インクルージョン(DE&I)への取り組みを示してきました。会社の設立者J.アーウィン・ミラー氏は、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア氏と共に行進し、1964年の公民権法に貢献しました。カミンズは1980年代にアパルトヘイトに対する姿勢で南アフリカとのビジネスを断念し、同性愛の結婚を禁止する州憲法に反対してきた歴史があります。今日、このレガシーは、カミンズが事業のあらゆる面でDE&Iに対する強いコミットメントを示し、会社に競争上の優位性を与えるだけでなく、世界中の地域社会への行動と貢献を導く戦略として評価されています。

この深いコミットメントは最近、Forbesによって表彰され、すべての業界で働く60,000人を超える従業員が選出した、名誉ある「多様性のための最高の雇用主2022」リストでカミンズを4位にランクインしました。

Cummins Inc.のダイバーシティ&インクルージョン担当バイスプレジデント、キャロリン・バトラー=リー氏は、「多様でインクルーシブでアクセス可能な環境を実現することは、私たちが何者であるかに不可欠です。

「当社の揺るぎない取り組みは、当社の歴史とコアバリューを通じて示されており、社会において価値観を重視し、前向きな力となるという当社の遺産と責任を受け入れます。この認識は、すべての人が成功するためのスペースを作るための従業員とリーダーの懸命な努力と献身的な姿勢を反映しています。"

Forbesの評価は、自分の雇用主に対する従業員からの直接の推薦という4つの異なる基準に基づいています。自分のものではない雇用主に対する間接提案。トップエグゼクティブ/取締役会の多様性。多様性を担当する管理職の存在、多様な企業文化の積極的なコミュニケーション、または公開されているダイバーシティレポートなど、多様性の指標。

カミンズの社長兼最高執行責任者であるジェニファー・ラムジー氏は、「カミンズでは、今日の社会的および環境的課題が私たち全員に影響を与えるので、私たちは皆、それらに対処する役割を持たなければならないと断固として信じています。「従業員が自ら働くことができるインクルーシブな環境を作ることは、私たちがこれらの問題に対して最も優れた、最も多様な解決策を確実に持っていることを保証するための鍵です。この認識は、当社がこの取り組みに取り組んだ意図的性と、それが当社、チーム、地域社会にどのように影響するかについての素晴らしい認識です。"

昨年、パンデミック、サプライチェーンの遅れ、その他の世界的な逆風の中で、カミンズは新しい戦略でDE&Iへのコミットメントを強化し、以下を含む一連の前向きなイニシアチブをさらに促進しました。

  • カミンズパワーズウィメン:男女平等に焦点を当てた、尊敬されるグローバルな非営利団体とのパートナーシップを通じて、世界中の女性と少女たちの生活に大規模な変化を生み出すために設計された、数百万ドル規模の投資です。
  • カミンズは、人種的公平性(CARE)を提唱しています。米国では、制度的人種差別を解体しつつ、システミックな公平性を生み出す取り組みを行っています。このイニシアチブは、警察改革、刑事司法、社会正義、経済的エンパワーメントにおいて、黒人のための人種的公平性を提唱しています。
  • グローバル障穣者インクルージョン戦略:障穣者が自分の可能性を満たすことが可能な、アクセスしやすいインクルーシブな職場や地域社会を作ることを目指しています。
  • LGBTQ+セーフリーダートレーニング:カミンズの従業員が利用できるグローバルなスキル構築プログラムであり、職場で意識的または無意識の偏見を示すことができる、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、その他のアイデンティティに関連するトピックに効果的に対処する方法の概要を含む、外部組織と共有しました。
  • カミンズの退役軍人戦略:強力なパートナーシップを構築し、軍の採用と維持プログラムを形成するために、その人々、エネルギー、財源を投資し、退役軍人とその家族の生活と幸福を改善することに焦点を当てたイニシアチブを進めるために設計されたプログラム。
カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

マスク販売事業で、持続可能な黒人経営ビジネスの運営を目指すカミンズの目標を推進

カミンズエンジン工場内でのマスク製造業務

グローバル電力リーダーのCummins Inc.は、米国を拠点とするマスク製造事業を利用しており、会社の施設へのCOVID-19の普及を防ぐために作られたもので、拡大を望むマイノリティ所有のビジネスと提携しています。

米国インディアナ州コロンバスのコロンバスエンジン工場でマスクを作るために使用された機器は、近くのインディアナポリスにある黒人ビジネスマンに売却されました。パンデミックに対する即時の対応を超えてマスクを生産する障穣者を作ることを計画しています。

「この販売により、黒人アメリカの新しいメーカーが誕生しました。戦略購買におけるサプライヤーインクルージョンに関するカミンズの卓越性センターのシニアディレクター、ヘレナ・ハットン氏は述べています。「これは、多様な所有企業と提携し、カラーのビジネスリーダーと世代間の富を築くために貢献するというカミンズのコミットメントを示しています。このような取引を行う会社に参加することができ、誇りを持っています。"

過去にカミンズと協力してきたロジスティクス&供給会社、Teamクルーザーのオーナーであるクリストファー・バーニーは、今年後半にマスクを一般に公開したいと考えています。

「私たちは、2つの具体的な理由から、非常に興味を持っていました」と、バーニーは言いました。「第一の理由は、カミンズのようなグローバルな製造会社と製造の観点から学び、成長する能力です。2つ目の理由は、仕事を提供し、質の高いアメリカ製のパーソナル防護具マスクを提供することで、私たちが住む地域社会に影響を与え、奉仕する機会を提供してくれるからです。"

箱から出して考える

In 2020, Cummins established mask-making operations in the United States, Mexico, and India to provide some 10 million masks to its employees worldwide. With the pandemic seeming to wind down in the United States as more people get vaccinated, and with a healthy surplus of masks at the ready if needed in the U.S., the time was right for the company to think about selling the operations in Columbus, said Cummins Partnership Strategy Manager Tarek Elharis. 

カミンズでのマスク製造

同社はパンデミック以外にマスクを作るつもりはなかったと、マスク製造の活動に積極的に取り組んできたElharis氏は語る。販売以来、マスクをしていたカミンズの従業員は、米国経済の回復に伴い、需要の高い地域に再配備されています。

マスクオペレーションの販売が可能になると、当社のサプライチェーン組織と戦略機能は、単にエンジン工場から機器を取り出すだけではなく、何かを達成する方法を探し始めました。

彼らは、バーニーとチームクルーザーにその機会を見出しました。

拡大を検討中

Teamクルーザー変換会社は1983年に設立され、商用および自治体の仕様に合わせてヘビーデューティーの自動車および産業用機器のカスタマイズとアップフィッティングソリューションを提供しています。過去30年間、Barneyのビジネスは、Navistar、Arvin Meritor、カミンズなどの企業と協力してきました。

Barney氏は、常に新しいチャレンジを求めていると語り、Team Cruiserの新しいビジネスラインを開拓するチャンスは、彼が受け継がれなかったチャンスだと語った。

「カミンズとのユニークな関係は、数百万ドルのエンジン製品を顧客基盤に販売し、その文化に親しみ、業界でクラス1位になりたいという願望に恵まれています」と、バーニー氏は語っています。「私たちは、これが私たちが生産する製品の品質の重要性を理解する上で非常に重要な役割を果たしたと感じています。お客様、代理店、パートナー、ベンダーの両方になれるようになりました。"

Barneyのチームは現在、新製品ラインのウェブプレゼンスの確立に取り組んでいます。また、失明やその他の障害を持つ人々にサービスを提供する退役軍人のグループや組織と協力して、製造業で障穣者を安全に雇用できる作業スペースを作っています。

サプライチェーンマネジメント担当バイスプレジデントのPriscila Mendes氏は、「これは、カミンズがビジネスを展開するより強固なコミュニティを構築し、すべてのビジネスオーナーにとって多様性とインクルージョンという会社の価値を生きるために役立つチャンスです」と語っています。

ポッドキャストでは、BarneyとEl harrissが全米ビジネスリーグの社長/ECOであるケン・ハリス氏と共に語る「アメリカのメーカーを作る」をご覧ください。

今すぐ聞く

カミンズオフィスビル

Cummins Inc.

グローバルな電力技術リーダーであるカミンズは、電力ソリューションの幅広いポートフォリオを設計、製造、配布、サービスする補完的な事業部の法人です。当社の製品は、内燃、電気、ハイブリッドのインテグレーテッドパワーソリューション、フィルトレーション、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、吸気システム、オートマチックトランスミッション、発電システム、マイクログリッド制御、バッテリー、電解槽、燃料電池などのコンポーネントから成ります。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。