商用の温室栽培者

熱電併給は、温室に独立した電力システムを提供し、利益の増加ならびに画期的な温室効率を実現します。

CHPは、リーンバーン方式の天然ガス発電機をベースに、排熱や二酸化炭素(CO2)を回収して再利用することで、システムが放出するものをほぼすべて活用します。従来のユーティリティやボイラーを使用した温室と比較して、CHPは最大90%のエネルギー効率と利用率を達成するため、エネルギーコストを30%削減し、収穫量を30%増加させます。

CHPは、温室栽培者向けに以下を集約します。

  • 照明や温室運用のための電気
  • 熱エネルギーによるオンサイト暖房
  • CO2施肥で作物生産量が最大30%増加
  • 余ったエネルギーは地域の電力会社に再販売可能

温室栽培者に競争力を与える

温室栽培者にとって次代を担うCHPは、より多くの作物を高品質で生産し、環境に優しくサステイナブルな供給を求める競争環境の中で、優位性となります。カミンズは、温室でのCHP導入に関する専門知識を活かし、栽培者が所有コストを負担することなく、この可能性を活用できるような契約を結びます。エネルギー効率の高い、実りある栽培技術で、さらに高品質な作物を提供することができるため、CHPは消費者と栽培者の双方にメリットがあります。 

お見積り依頼

Brightest Bulbsポッドキャスト

Brightest Bulbsのシーズン1で、エネルギー・電力技術のエキスパートに。

今すぐ視聴



弊社の完全版パンフレットライブラリをご覧になる場合は、ここをクリックしてください。


ケーススタディ 活動内容

トマト栽培者に最適なエネルギーサービス契約

ビュー

ベルギーの温室では、コジェネレーション ソリューションにより常時稼働し、100%のリターンを得ています。

ビュー


すべてのケーススタディを見るには、 ここをクリックする
cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。