鉄道エンジン

最新の鉄道技術あるところにカミンズの電力あり。

ヨーロッパの高速旅客列車の床下。極東の20トン級のグラインダーにも。カミンズは、ボンバルディアやシーメンスなど、世界で最も先進的な鉄道会社と提携しています。

鉄道機器専用に改造されたエンジンモデルも多く含むフルラインナップの定格を提供しています。

例えば、カミンズの鉄道車両用エンジンは、車両の床下で使用するために薄型設計となっており、サービスポイントへのアクセスは、客室内ではなくエンジンの下から行います。750-hp QSK19 は、弊社の最新の水平型エンジンで、最大時速210 kmの新世代の高速DMUを駆動する能力を持っています。

機関車の電力源として、カミンズはお客様のニーズに合わせて、高いパフォーマンスでメンテナンスの少ないディーゼルエンジンを総合的に提供しています。V12 および V16}構成を含むさまざまな馬力の12種類のエンジンをご用意していまし。定格回転数が2100までのエンジンは、低速機に比べて、燃料効率が良く、スペースが広く、サービスインターバルが長く、パワーウェイトレシオが高いのが特徴です。

カミンズのエンジンは、低い運用コストと高い信頼性のため、トラックメンテナンス機器に最適です。弊社は、列車が毎日時間通りに運行するためには、線路を毎日、期待どおりの状態にしておかなければならないことを知っています。

カミンズは、また、人がトレーニングを受けなければ、列車が動かないことも知っています。そのため、私たちはイギリスのダブリュートリーにある国際的なトレーニングセンターで、運転者のためのスペシャリストサービストレーニングを提供しています。詳細については、[email protected] までお問い合わせください。

線路上の列車

SCR対EGR:鉄道業界にとって正しい選択とは?

もっと読む

 

 

 

次世代の鉄道電力

ご登録いただきますと、鉄道業界関連の最新ニュースや新製品、最新技術などの情報をお届けします。より深い専門知識を得るためにご活用ください。

ケーススタディ 活動内容

カミンズとR.J. Corman Railpower社が提携し、環境に配慮した機関車を開発

ビュー


すべてのケーススタディを見るには、 ここをクリックする
cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。