6.7L カミンズ ターボ ディーゼル エンジン

シャシーキャブ用6.7Lカミンズ ターボディーゼル(2018)

電力 320 - 325 hp
 239 - 242   kW
トルク  650 - 750   lb-ft
 881 - 1017   N•m
認証  EPA 2018 

アプリケーション

ピックアップトラック

販売地域

米国 & カナダ、  ロシア、  アフリカ & 中東、  メキシコ、  フィリピン、  シンガポール、  ブラジル、  ボリビア、  ウルグアイ、  パラグアイ、  アルゼンチン、  コロンビア、  中米、  ヨーロッパ、  韓国、  日本

概要:

モデル年式(MY)2018年のカミンズ 6.7L ターボディーゼルエンジンは、2018年のRAM 2500、3500ピックアップトラック、およびRAM 3500、4500、5500シャシーキャブに搭載されるオプションです。このダイナミックな直列6気筒エンジンは、最大385馬力と930ポンド・フィートのトルクを発揮し、RAMのクラス最高のパワーと牽引力を提供します。

認証レベル EPA 2018
電力 320 - 325 hp / 239 - 242 kW
トルク 650 - 750 lb-ft / 881 - 1017 N•m

モデル

トランスミッション

馬力(hp)

トルク(lb-ft)

シャシーキャブ(3500、4500、5500)*

Aisin Auto

325

750

シャシーキャブ(3500、4500、5500)**

G56 Manual

320

650

Euro3 および Euro5***

68RFE Auto

325

750

*緊急車両用の定格を含む。

**緊急車両の定格は含まない。

***シャシーキャブエンジンを搭載したピックアップトラック。​​​​​​​

MY 2013.5+ カミンズ 6.7L ターボディーゼルは、ディーゼル排気液(DEF)を使用した新しい選択触媒還元(SCR)後処理システムにより、今日のRAMトラックの運用コストを削減し、燃費を10%向上させ、オイル交換間隔をクラス最高水準の15,000マイルにすることで、お客様が稼いだお金をより多く手元に残すことができます。

また、新開発の冷却システムにより排熱能力が25%向上したほか、高効率ファン、デュアルラジエーター、デュアルトランスミッションクーラー、チャージエアクーラーなどの採用により、作動温度を下げることでパフォーマンスが向上しています。

さらに、バイオ燃料への対応能力も改善しました。MY 2013.5+ エンジンは、B20に対応し、ポンプの柔軟性が向上しています。超低硫黄ディーゼルやB20級のバイオディーゼルを使用することができます。

もう一つの特徴は、"スマート"排気ブレーキです。車両が勾配を下る際に、VGT™ Variable Geometry Turboが、設定された車速を維持するように排気ブレーキを電子制御する機能が追加されました。

MY 2013.5+ カミンズ 6.7L ターボディーゼルは、ディーゼル排気液(DEF)を使用した新しい選択触媒還元(SCR)後処理システムにより、今日のRAMトラックの運用コストを削減し、燃費を10%向上させ、オイル交換間隔をクラス最高水準の15,000マイルにすることで、お客様が稼いだお金をより多く手元に残すことができます。

また、新開発の冷却システムにより排熱能力が25%向上したほか、高効率ファン、デュアルラジエーター、デュアルトランスミッションクーラー、チャージエアクーラーなどの採用により、作動温度を下げることでパフォーマンスが向上しています。

さらに、バイオ燃料への対応能力も改善しました。MY 2013.5+ エンジンは、B20に対応し、ポンプの柔軟性が向上しています。超低硫黄ディーゼルやB20級のバイオディーゼルを使用することができます。

もう一つの特徴は、"スマート"排気ブレーキです。車両が勾配を下る際に、VGT™ Variable Geometry Turboが、設定された車速を維持するように排気ブレーキを電子制御する機能が追加されました。

ここ数年、メンテナンス間隔は変更されていますが、バルブラッシュの調整は依然150,000マイル(240,000km)のまま、燃料フィルターの交換は15,000マイル(24,000km)で変更はありません。オイル交換間隔は、デューティサイクルに基づく計算で15,000マイル(24,000km)となっています。このエンジンはオイル交換監視システムを採用しており、車両の情報センターにオイル交換のタイミングをお知らせするメッセージを表示します。

新品のカミンズ 6.7L ターボディーゼルエンジンには、低灰分のエンジンオイルが必要です。低灰分のエンジンオイルを使用しなかった場合、車両の排気後処理システムに深刻な損傷を与える可能性があります。必ずCES 20081規格に適合したエンジンオイルをご購入ください。

米国環境保護庁(EPA)の新しい規制により、MY07以降のカミンズ 6.7L ターボディーゼルエンジンを搭載したオンハイウェイ用車両に使用できる燃料は、15-ppmのオンハイウェイ要件を満たす超低硫黄ディーゼル(ULSD)に限定されます。それ以外の燃料の使用は禁止されており、エンジンや後処理システムの損傷につながる恐れがあります。ディーゼル燃料は必ず信頼できる燃料供給所で購入するようにしてください。年間を通じて使用する場合は、ASTM規格D-975に適合した高品質のNo. 2ディーゼル燃料(硫黄含有量が0.0015%のもの)を使用すれば、良好な性能を維持できます。EPAは、LSDおよびULSDを運搬および供給する小売燃料供給所に対して、ポンプに「Low-Sulfur Highway Diesel Fuel(低硫黄ハイウェイディーゼル燃料)」および「Ultra-Low Sulfur Diesel(超低硫黄ディーゼル)」のラベルを貼ることを義務付けています。

また、カミンズのターボディーゼルエンジンにオフハイウェイ用に販売されているディーゼル燃料は使用しないでください。これは、オフハイウェイ用の燃料が、オンハイウェイ用の燃料仕様の燃料清浄度や潤滑性の要件を必ずしも満たしていないためです。このようなオフハイウェイ用の燃料を使用すると、燃料システムのコンポーネントの摩耗が促進される可能性があります。

完全なメンテナンス情報については、オーナーズマニュアルまたは操作&メンテナンスマニュアルをご参照ください。



弊社の完全版パンフレットライブラリをご覧になる場合は、ここをクリックしてください。
cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。