乗合バス

200​​​​​​​hp〜380hpのエンジンを取り揃え、天然ガスでもディーゼルでも、カミンズはお客様の公共交通機関に最適なソリューションを提供します。

B6.7、L9、ノースカロライナ州のロッキーマウントエンジン工場で製造されており、またL9Nは共に、バイアメリカ条項に適合しています。すべてのエンジンは、北米で最大かつ最も有能なサービスおよびサポートネットワークであるカミンズ Careによってバックアップされています。

お客様の運用に最適

B6.7は地域のシャトルバス用途に適しており、一方、B6.7 ハイブリッド、L9、L9ハイブリッドは輸送に適しています。代替エネルギーを検討している公共交通機関にとって、圧縮天然ガス(CNG)、液化天然ガス(LNG)、再生可能天然ガス(RNG)に対応したL9N以上のものはないでしょう。また、米国の国家環境大気質基準の未達成地域にお住まいのお客様にとって、L9N ニアゼロ (NZ)は、CARBのニアゼロ基準である.02g NOx/bhp hrの認証を取得しており、賢明な選択です。 

業務達成のための適切な技術

B6.7は、シングルモジュール後処理システムを採用しており、熱管理の向上、整備性の向上、スペースの削減により、シャトルバスの性能と燃費の向上を実現します。乗合バス用途では、B6.7ハイブリッドの定常的な動作が、電気モーターへの継続的な電力供給を可能にします。この組み合わせにより、シングルモジュール後処理システムの革新性をシステムに活かすことができます。 

L9では、都市部の輸送バスが遭遇する過酷な運転条件のため、実績のあるモジュール式後処理システムを引き続き採用します。モジュラー式後処理システムを採用することで、DPFの容量が大きくなり、より高いレベルの信頼性と耐久性を実現しています。 

L9Nでは、天然ガスと化学量論的冷却式排気ガス再循環装置の燃焼により、メンテナンスフリーのTWC(三元触媒)を採用することが可能です。この燃焼では、天然ガスと酸素を理想的な比率で燃焼させ、酸素のない排気を実現しています。乗用車の触媒と同様の三元触媒は、洗浄や再生の必要がありません。 

比類のないサポート

B6.7、B6.7ハイブリッド 、L9、およびL9Nは、すべて北米の3500箇所以上の拠点を持つ最大の販売サポートネットワークによって支えられています。コネクテッドダイアグノスティックスのような新しい革新的な機能により、カミンズのエンジンを搭載した乗合バスやシャトルバスは、あらゆるタイプの故障コードを誘発するイベントに関連する重要なデータを即座にカミンズに提供し、即座に分析を行います。最も可能性の高い原因に基づいた通知が、電子メールまたは無料のコネクテッドダイアグノスティックスのモバイルアプリを介して即座に送信されるため、どのような行動を取るべきかが明確になります。 

カミンズの専門家にすぐに連絡を取りたい場合は、1-800-CUMMINS(1-800-286-6467)までご連絡ください。サービスアシスタンス、保証またはメンテナンス情報、および必要な追加情報を提供する効率的なサービスを提供しています。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。