スクールバス

信頼性が高く、クリーンな排出ガスの電力源をお探しなら、まずはカミンズB6.7、L9、またはカミンズWestport B6.7NおよびL9Nを選べば間違いありません。

すべてのエンジンは、インディアナ州コロンバス、またはノースカロライナ州ロッキーマウントにあるエンジン工場で製造されており、バイアメリカン法と2017年米国環境保護庁(EPA)規制、および温室効果ガス(GHG)排出量基準に適合しています。

接続診断技術でアシスタントに相談

スクールバスの運転手には、エンジンの故障コード以外にも、注意を払わなければならないことがたくさんあります。まれにバスの運転中に故障コードがトリガーされた場合は、接続診断技術を追加することで、無線ですぐに診断できます。カミンズの接続診断技術は、リアルタイムでエンジンの故障コードを分析し、可能性のある診断結果と、テレマティックスを搭載したスクールバスに推奨されるアクションを示します。

誇りある保証

カミンズエンジンは、業界で最も包括的な基本保証を備えており、保証期間が最大10年の補償延長プランは、堅牢な設計と高品質な製造に対する当社の自信を表しています。

クラスをリードするサポート

カミンズを搭載したバスは、北米で最大規模となる非常に優秀な部品と3,500ヶ所にまたがるサービスネットワークに支えられています。当社の認定サービス技術者は、当社のすべてのエンジンに対する十分なトレーニングを受けており、あらゆるタイプの修理問題に迅速に対処するために必要となる機材や純正のカミンズ部品を備えています。接続診断技術から得られるメリットが、スクールバス車両に安心を提供します。情報や修理場所については、1-800-CUMMINS™(1-800-286-6467)までお電話でお問い合わせください。

役に立つ出版物:

スクールバスのDPFメンテナンスホワイトペーパー:DPFベストプラクティスホワイトペーパーでは、DPFの耐用寿命を延ばし、再建イベントの頻度を減らすために役立つ一般的なヒントと技術的なヒントを提供しています。ルートタイプ、電子エンジンおよび機能の設定に関する役立つ情報と、DPF交換プログラムと後処理拡張補償のメリットの詳細が含まれており、DPF後処理上の問題を解消するための最初のステップとなります。

DPFベストプラクティス:ベストプラクティスホワイトペーパーと共に使うDPFチェックリストは、ベストプラクティスホワイトペーパーで説明されている設定を文書化および測定するための実践的なガイドとなります。チェックリストの裏側には、チェックリストを効果的に使用するための方法を説明する追加情報も記載されています。

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。