ESG | 環境 | デスティネーションゼロ


 

カミンズのエンジンで「デスティネーションゼロ」を推進

気候変動は無視できない危機です。そして、私たちの世界にはこれからも永遠に電力が必要です。私たちは、これら2つの課題に対する解決策を見つけることを自らの責任としています。デスティネーションゼロは、ゼロエミッションの未来に向けた取り組みであり、私たちは世界が必要とする電力を引き続き提供していきます。

動画を見る

プラネット2050

デスティネーションゼロは、ゼロエミッションを達成するための当社の戦略です。「プラネット2050」は、短期的な2030の目標を含む難しい目標を設定しています。

0 % 塗装およびコーティング作業による揮発性有機化合物の排出量の削減率

0 % 新たに販売された製品のスコープ3(絶対的なライフタイム排出ガス)の削減率

0 % 施設やオペレーションからの絶対的な温室効果ガス(GHG)排出量の削減率

0 M メートルトンのスコープ3 GHG排出量を稼働中の製品から削減

急速な進歩、多くの道

ゼロカーボンの未来に向かって進む中で、私たちは待ちの姿勢であってはなりません。しかし、一夜にして世界が変わることはありえません。私たちが進化し、幅広い電力技術を統合しているのは、私たち一人ひとりが未来をたぐり寄せているからです。

+

低炭素・ゼロカーボン技術

内燃機関(ICE)技術は、トラック輸送業界にとって重要な過渡期のステップです。私たちは今日、ゼロエミッション化を進め、エンジンベースの製品を改善するという組み合わせに焦点を当てています。

詳細はこちら
+

サステナブルな電力技術

数十年にわたる
研究と革新に
根差す
カミンズは、
低炭素技術の
最前線に
立っています。

詳細はこちら
+

カミンズの排出ガス削減方法

二酸化炭素は温室効果ガスの筆頭です。カミンズは、デスティネーションゼロ戦略の一環として、商用輸送のCO2排出量を削減しています。

詳細はこちら

坑井から車両までの取り組み

ゼロエミッションの未来に向けて邁進

これは、単なるエンジンだけに限りません。バリューチェーンに炭素が存在する場所ならどこでも、削減と排除に必要な作業を行っています。石油、天然ガス、または原料の除去を脱炭素化することで、地球が成立しています。使用時に脱炭素化することが重要です。

車両の排出ガスの詳細はこちら
cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。