サステナビリティ
& ESG


社会のサステナビリティにパワーを供給

カミンズは、より健康的な環境と、より力強いコミュニティ、そしてたくましく包摂的な経済を推進すべく努力を重ねています。当社の環境サステナビリティ戦略「プラネット2050」と製品戦略Destination Zero™は、使用する世界の資源の量を抑えながら経済成長を図ろうとするもので、脱炭素化とサーキュラーエコノミー(循環型経済)の原則に根ざしています。

数字で見るサステナビリティの取り組み

0 2020年に「廃棄ゼロ」基準を達成したカミンズの施設数

2,170万 製品使用時に排出される二酸化炭素の2014年以降の削減量(メートルトン、累積)

1,700万 2018年以降に「カミンズパワーズウィメン」​​​​​​の活動による法律/政策変更で影響を受けた女性・少女の数

0 % 2020年時点の、カミンズの企業戦略を監督する経営陣に占める女性の割合

ESGとは?

カミンズのパーフォーマンスとしてまず最初にあげられるのはESGすなわち環境(Environment)、社会(Social)、コーポレートガバナンス(Governance)問題における卓越性。私たちは、自らと人々あるいは地球との関係をより良いものにするための重要な社会的・環境的要因が組織の中と地域社会の両方に存在することを、しっかりと認識しています。私たちが目指すのは誠意ある企業市民であり、カミンズは現在、重工業界28社のリーダーでもあります。

サステナビリティレポート

2021年 サステナビリティ プログレスレポート

カミンズの「2021年サステナビリティプログレスレポート」には、当社の環境サステナビリティ戦略「PLANET 2050」の一部である2030年環境目標に関する初の更新情報が含まれています。また、カミンズの脱炭素化戦略「デスティネーションゼロ」が会社全体にもたらす影響についても触れています。さらに、このレポートでは、カミンズのサプライチェーン組織が、どんな独創的な方法で輸送および部品に関する課題を克服しようとしているか、スペシャルレポートで取り上げています。

2021年のサステナビリティレポートをダウンロード

どここから来て、どこへ行くのか。

サステナビリティの取り組みの歴史

ゼロエミッションに向けてサステナビリティを向上させていくためには透明性がカギになると考えているカミンズ。サステナビリティレポートは一般に公開されており、過去20年間の進展が文書でご覧いただけるようになっています。
 

すべてのサステナビリティレポートを見る
協力して作業を行う専門家たち

人材管理

素晴らしい職場環境づくり

カミンズは、ビジネスの成功に欠かせない人員を惹きつけ、育成して維持するため、ダイナミックな職場環境づくりに力を入れています。2022年4月には、その目標を達成するための戦略の詳細を記した当社初の人材管理レポートを発表しました。この2022年のレポートには、主要な人員指標のほか、米国における人種的な公正さ、さらに全世界でのフレキシブルな勤務体制やリモート勤務を求める声に対する対応も含まれています。

サステナビリティ&イノベーション

技術革新

未来への力に

テクノロジーがカミンズのサステナビリティを推進

イノベーションは、デジタル技術によって集められたデータや、サステナビリティに取り組んでいる人同士のちょっとしたアイデア交換がきっかけとなって始まります。カミンズのポッドキャスト、ウェビナー、イノベーションについてはこちらをご覧ください

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。