皆で力を合わせて世界を変えよう

募集中の職種

従業員、お客様、地域社会の健康と安全はカミンズの最優先事項です。また、当社は世界の全事業において法令に従います。そのため、米国およびカナダの職務に関して、新型コロナワクチンの接種が今後の雇用要件となる可能性があります。現在、米国を拠点とする多くの事業施設では、現場での作業にワクチン接種が義務付けられています。その他のワクチン接種の要件については、顧客の要件ならびに連邦法または州法の適用によって異なります。医療上および宗教的な理由による免除措置は、適用法に従って考慮されます。

 

男女共同参画 | 退役軍人 | 障がい者 | LGBTQ+ 社員 | 社員リソースグループ | カンファレンスパートナーシップ | インクルージョンの評価と表彰

多様性、公平性、インクルージョン

多様性とインクルージョンはカミンズのコアバリューです。カミンズのリーダーたちは、多様性によってより力強く競争力のある職場環境が生まれ、結果として優秀な人材を引き付け、維持するのに役立つと信じています。多様性に関するカミンズのビジネスケースについて、こちらをご覧ください。

私たちの最高の仕事はチームワークです

弊社の社員は、成長するグローバルビジネスの複雑さに起因する技術的および物流的な課題を解決するために、インクルーシブで公平というポリシーの元、文化、部門、言葉の壁、そしてタイムゾーンを越えて活動しています。

カミンズは人種を超えた公平さを提唱します

カミンズには、逆境にあっても、正しいことのために立ち上がってきた歴史があります。私たちのリーダーは、1960年代の公民権運動を支持し、1980年代にはアパルトヘイト問題解決のために立ち上がりました。しかし、私たちのコミュニティにはいまだに根深い人種的、構造的不平等が存在しており、そのことに心を痛めています。そして、何十年にもわたって議論し、変革を約束しているにもかかわらず、アメリカが十分な進歩を遂げていないことにも悲しみを覚えます。

このような問題に対処するために、私たちはCummins Advocating for Racial Equity Management Review Group(MRG)を設立し、ビジネスリーダーとして、私たちのパワー、リソース、意見、行動を示し変革を求めることを決意しました。

CAREの詳細はこちら 

"私は黒人であり、母親でもあります。”

"ジョージ・フロイド、ドレアスジョン・リード、ブレオナ・テイラーをはじめとする多くの人々の中に、私たちの息子や娘の姿がかさなります。悲しみ、怒り、絶望の反対側で、私たちは深く掘り下げて、不正と戦い、私たちの物語を語り、同盟者を築くためにたゆまなく全身全霊を傾けるのです。”と述べています。

シャロン・バーナー
カミンズの副社長兼相談役

"私たちはもはや沈黙したり、傍観したりすることはできません"

カミンズの会長兼最高経営責任者(CEO)であるトム・ラインバーガーによると、「私たちそれぞれには、政府、法執行機関、隣人、そして私たち自身に、より大きな説明責任を求める役割があります。私たちは、ハードルを上げて、自分たちをより高い基準に保つ必要があります。今あるものだけでは十分ではありません。憎しみを根絶し、多様性、平等、インクルージョンへの深い感謝の気持ちに変えて、協力していく必要があるのです。それは私たちから始まります。待ってはいられないのです。」

トム・ラインバーガー
カミンズの会長兼最高経営責任者

男女共同参画

垣根を取り払って、より良い職場を作ります。

カミンズでは、女性に力を与え、彼女たちの成功と活躍の場となるプラットフォームと機会を提供することをお約束します。弊社では、事業における女性の割合を増やす制度を策定し、あらゆるレベルの社員と地域社会に、より高いジェンダーバランスと公平性をもたらす取り組みを行っています。以下はその一例です。

  • テクノロジー イニシアチブおよびカンファレンスにおけるカミンズの女性陣
  • 採用時にジェンダーバランスを重視します
  • 男女間の賃金格差を縮小します
  • 女子のためのSTEMプログラムで次世代のエンジニアを育てます
  • 社員リソースグループ(ERG)である「カミンズの女性のためのエンパワーメントネットワーク」を通じて女性を鼓舞します
  • 多様で柔軟な勤務形態の提供、パタニティポリシーを含む育児手当の充実
  • 受賞歴のある、授乳フレンドリーな施設および職場

カミンズのテクニカル ウーマン イニシアチブ

カミンズのテクニカル ウーマン イニシアチブは、すべての技術系社員のために、多様でインクルーシブな環境を大事にし、STEM 分野における女性の将来世代を育成することを目指しています。

米国の工学部の学部生に占める女性の割合は、わずか20パーセント足らずです。世界の他の地域では、その割合はさらに小さくなります。カミンズは、エンジニアリング分野における性の多様性を向上させるために、特別な努力し、大きな一歩を踏み出しています。

カミンズは女性に力を与えます

地域社会の繁栄を築くことは、創業以来、私たちの仕事の一部になっています。私たちは、「 Cummins Powers Women」を通してこのレガシーを継続することを誇りに思っています。これまでで最も野心的な地域社会共同体構想です。弊社は、11百万ドル規模のグローバルな助成金を提供しています。この資金は、ジェンダーの不平等を解決するための技術開発を目的とし、草の根の指導やメンタリング、起業による経済的向上、リーダーシップ研修、非営利団体のリーダーに対する戦略的指導など、さまざまな効果的なプログラムを支援しています。

最初の2年間で、Cummins Powers Womenは 100,000 人以上に影響を与え、男女平等を促進する8つの法律や政策をもたらしましたが、ここで留まってはいません。

詳細はこちら


 

 

退役軍人

あなたの価値観を共有し、あなたのサービスを大切にします

良い仕事をして、本当の意味での違いを生み出したいという願望は、軍隊でもカミンズでも実現します。カミンズでは、優れた製品と人材によって世界に力を与えています。また、退役軍人の方々には、弊社の成功と革新の最前線を守っていただきたいと思っています。退役軍人を雇用することは、組織にとって最良の決断のひとつであると考えています。退役軍人の方々は、学習能力が高く、チームプレーヤーであり、情熱と誇りを持って指導し、奉仕する方法を知っているからです。

 

あなたの軍隊での経験がカミンズでどのように活かされるかをご覧ください。

募集中の職種
 

退役軍人がカミンズを選び、活躍する最大の理由

  • 似通った文化や価値観 - リーダーシップ、規律、変化への対応力、使命感を持って行動することは、軍隊でもあなたを支えてきましたし、ここでも同様です。
  • 直接的に関連した、また転用可能なスキルと機会 - 世界で最も技術的に進んだ軍隊から、世界を動かす技術を開発するグローバルリーダーへと進みます。
  • 多様な人材と機会
  • チームワークを重視した協力的な仕事環境
  • 目的、誇り、昇進 - 意義のある、やりがいのある仕事に従事し、その努力と成果が認められ、報われます。
  • 影響、誠実さ、倫理観 - 地域社会や環境に対して正しく関わっていくことを約束します。
  • 退役軍人ERG - 他の退役軍人とつながり、アイデアを共有し、コミュニティや組織内での認知度を高めます。

サービスによる強化

カミンズは、軍人雇用・再雇用権法を認識し、尊重し、実施することを誇りを持って誓います。また、弊社のマネージャーと監督者が、米国国家警備隊および予備役で働くチームメンバーを効果的に管理するために必要な手段を持っていることを確認しています。

詳細はこちら

また、 2021年に「軍人に優しい企業」に選ばれたことを誇りに思います。このリストは、退役軍人を組織内で採用、継続して雇用、昇進させるための実際のプログラムに投資している米国企業240社で構成されています。

詳細はこちら

退役軍人の声

カミンズでは、軍人たちが我が国に奉仕してくれたことに感謝し、退役後も意義あるキャリアの機会を提供できることを誇りに思っています。ここでは、退役軍人の社員がカミンズと彼らのキャリアについて語ってくれます。

「軍隊での経験を経て、同様な価値観を共有し、それを実際に行動で示してくれる会社や環境で働きたいと思いました。カミンズの価値観は、単なる口先だけではなく、実際に意味のあるものだと思います」。

ジル・ワイラー
コミュニケーションスペシャリスト

「カミンズも軍も、クラス最高の立場を維持するためには高度な技術が必要です。新しい技術を採用し、それに熟練していくことは、挑戦的でエキサイティングなことです。」

マシュー・マンガー
デザインインテグレーター
 

「軍隊では、柔軟性、成長に前向きになること、変化に素早く適応することを学びました。カミンズには、同じように多様なキャリアパスがあります。あるポジションで採用されても、最終的には全く異なる役割や部署に就くことができるのです。」

ジェネヴィーヴ・クリー
リクルーティングコーディネーションチームリーダー

「海軍兵学校では、リーダーシップとは他者を第一に考えることだと教わりました。そして、海軍潜水士としての時間と経験は、職場のチームメイトだけでなく、お客様、地域の人々、そして私の家族など、今日の私の人生のあらゆる部分で他者に奉仕するという私の情熱を確固たるものにしてくれました。」

ザック・ギレン
グローバル マイニング マーケット専務取締役

「私には、カミンズで発揮できる私の価値を理解し、職場に馴染めるように手助けをしてくれるメンターがいました。現在、私は他の退役軍人が履歴書を作成したり、なぜ自分がここで貢献できるのかを伝える手助けをしています。」

マット・ウェイルハマー
グローバルセキュリティディレクター

障碍者

障碍者のインクルージョン

カミンズでは、真に多様性に富み、アクセスしやすく、公平でインクルーシブな環境を確保することで、社員がその可能性を最大限に発揮できるようにすることを重視しています。私たちは、すべての候補者にやりがいのある専門的な仕事の経験、グローバルなプロジェクトへの参加、即戦力となる機会を総合的に提供します。また、障碍者が貢献し成功を収められるように、よりインクルーシブな体験やシステムの開発など、より良いビジネスのあり方を模索し続けています。

プログラム&イニシアティブ

2018年には、障碍者の雇用を増やすことを目標に、障碍者インクルージョンに焦点を当てた活動を開始しました。カミンズのビジョンは、障碍者にとって選択可能な企業となり、地域社会と協力して障碍者の雇用に対する障壁を減らすことです。最近のプログラムや取り組みを以下にご紹介します。

  • 全社の主要なビジネスリーダーおよび機能リーダーで構成される障碍者インクルージョン委員会の設置
  • 社内外のウェブサイトに、アクセシビリティに関する声明とガイダンスのリンクを追加しました
  • アクセシビリティやその他の多様性に関連する職場改善のための計画の策定と実施
  • Disability IN、Business Disability Forum、Valuable などの500の著名な啓蒙団体に参加しています。
  • 世界各地で開催されるイベントや、毎年開催される「国際障碍者デー」に注目しています。

2020年には、カミンズが2020年のDisability Equality Index® (DEI)​​​​​​​においてトップスコアの企業に選ばれたことを報告します。この指標は、全国規模で透明性の高いベンチマークツールで、企業が障碍者雇用の方針や実践を自己申告する機会を提供しています。さらに当社は、2021年「Best Employer for Disability(障碍者のための最も優れた雇用主)」にも選ばれました。

詳細はこちら

未来を見据えて

今後は、テクノロジーやウェブアクセシビリティの向上、グローバルな職場調整の設計と実施に力を入れ、システムを構築し、サイト固有の障碍者インクルージョンの取り組みをサポートします。また、従業員には、Cummins Disability Inclusion ERG への参加を推奨しています。ERG のミッションは、「障碍者が組織にもたらす多様性の価値を促進することで、カミンズの包括的な文化環境を強化する」ことです。

関連記事やコンテンツ

LGBTQ+社員

世界のGBTQ+社員のサポート

カミンズでは、11国や55以上の異なる拠点で、LGBTQ+社員が安全で、歓迎され、尊重されていると感じられるように努めています。

以下の地域でプライドイベントを開催してきました。

 

  • Winnipeg(ウィニペグ)
  • VANCOUVER(バンクーバー)
  • COLUMBUS(コロンバス)
  • INDIANAPOLIS(インディアナポリス)
  • DENVER(デンバー)
  • CHARLESTON(チャールストン)
  • NASHVILLE(ナッシュビル)
  • MINNEAPOLIS(ミネアポリス)
  • GUARULHOS(ガルルホス)

 

  • EDMONTON(エドモントン)
  • FORT MCMURRAY(フォートマクマレー)
  • MADRID(マドリッド)
  • LEEDS(リード)
  • PUNE(プネ)
  • CALGARY(カルガリー)
  • MELBOURNE(メルボルン)
  • BRISBANE(ブリスベン)
  • ADELAIDE(アデレード)

 

 

誇り高き歴史

私たちには、逆境にあっても正しいことのために立ち上がってきた歴史があります。私たちのリーダーは1960年代に公民権運動を支持しました。また、1980年代にはアパルトヘイトに立ち向かいました。そして2000年、カミンズは反対もあっった中で、ドメスティックパートナーの福利厚生の提供を始めました。シンプルに言うのであれば、カミンズは、すべての個人が尊厳と敬意を持って扱われるよう努めていると言えるでしょう。

1998年より前

  • 企業ポリシーにLGBTQ+に関する記載が不在

1998

  • Treatment of Each Other at Workポリシーに「性的指向」を追加

2000

  • 縁関係のパートナーに対する福利厚生の導入を発表

2005

  • LGBTQ+アフィニティグループを結成
  • 待遇方針に「性自認および表現」を追加

2007 

  • トランスジェンダーのガイドラインと福利厚生を追加
  • インディアナ州下院で結婚不平等法案への反対演説を行う
  • 連邦法への関与

2011 

  • インディアナ州上院で結婚不平等法案に反対する演説を行いました

2012 

  • 結婚不平等につながるミネソタ州憲法改正案に反対の立場を取る

2015

  • 同性婚禁止を無効にするため、最高裁への法廷助言書に署名
  • インディアナ州宗教の自由回復法に反対
  • ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)の企業平等指数100%を達成して10回目となる
  • LGBTQ+自己識別の自主的な取り組みを開始
  • Indiana Competeの設立を支援

2017

  • 企業平等指数100%を連続達成
  • LGBTQ+カンファレンスOSTEMに参加

2018

  • 2018年度HRCプライド企業平等指数で13回目の満点を達成
  • LGBTQ+セーフリーダー研修の実施において、社内で最も権威のある賞の一つである「会長インパクト賞」をERGが受賞
  • LGBTQ+カンファレンスO4U - エンジニアリングに参加

2019 

  • BEQプライドLGBTQ優秀企業賞を受賞

2020

  • 社員支援グループPRIDE Allyを創設

プライド社員リソースグループ

プライドERG支部は、北米、南米、ヨーロッパ、インド、オーストラリアの拠点を含む世界各地で、LGBTQ+の原因、取り組み、アウェアネス、社員、パートナー、支持者を擁護しています。プライド支部は、LGBTQ+セーフリーダートレーニング、ランチアンドラーニングセッション、LGBTQ+の多様性を祝う多数のコミュニティイベントなど、年間を通していくつかの社内イベントを開催しています。カミンズでは、LGBTQ+の社員は、自分自身を表現しても安全な環境で働いていることを確信することができます。

PRIDE ALLY プログラム

Pride Allyプログラムは、Pride ERGとLeading Inclusion for Technical Programを協調して取り組んでいます。その目的は、LGBTQ+の社員に対する目に見えるサポートを増やし、より安全な環境を作り、変化をもたらす手助けをしたいと思う人々を巻き込むことです。支援者とは、自分がその少数派グループのメンバーではないにもかかわらず、そのグループのメンバーをサポートするために行動を起こす人のことです。

社員リソースグループ (ERG)

カミンズ ERG

カミンズ の社員リソース グループ(ERG)は、すべての社員に開かれており、性別、世代、性的指向、人種および民族的伝統、および障害などの多様性のさまざまな側面から組織されています。これらは、自発的な社員主導のグループであり、カミンズのミッション、ビジョン、およびバ価値に沿った、多様でインクルーシブな職場の育成を支援することで、メンバーと会社のリソースとして機能します。

世界中には150以上のERGがあり、これらのグループは、リーダーシップトレーニング、異文化学習、および専門能力開発のための豊富な機会を提供します。確立されたグループには、Cummins Black Network、Women's Empowerment Resource Group、Disability Inclusion Resource Group、Cummins Young Professionals、Grupo Organizado de Afinidad Latina、および Millenial ERGなどが含まれます。

 

これまでのERGの取り組みは、以下の通りです

""

メンタリングサークル

Women's Empowerment Networkでは、経験年数が2年未満の女性社員と女性リーダーがキャリア開発について話し合うメンタリングサークルを設置しました。

電話で話をする従業員

多言語対応の機会

東アジアERGは、中国語と中国文化の学習を後援しました。
 

バスの前に立つ従業員

セーフトレーニング

PRIDE ERGが開発した「セーフリーダートレーニング」は、現在も世界中でトレーニングを実施しています。
 

カンファレンスパートナーシップ

全米黒人技術者協会(NSBE)

NSBEは、エンジニアリング、技術分野の大学生や大学進学前の学生や技術専門家を支援し促進しています。NSBE の使命は、「学問的に優れ、職業的に成功し、地域社会に積極的な影響を与える、文化的に責任のある黒人エンジニアの数を増やすこと」です。カミンズ と NSBE は、2006年にパートナーシップを確立しました。

NSBEと専門家の育成

カミンズのエンジニアリング開発プログラムのメンバーのダニエルが、NSBEがカミンズでのプロフェッショナル育成にどのように貢献したかについて語っています。

 

こちらの動画からチームの声をご覧ください

ヒスパニックプロフェッショナルエンジニア協会(SHPE)

ヒスパニック専門技術者協会(SHPE)は、ヒスパニック系コミュニティに働きかけ、STEMに対する認識、アクセス、サポート、および開発を受け入れるようにします。カミンズ は、SHPE はパートナーを組み、私たちのコミュニティの多様性とインクルージョンを育成します。

SHPE コネクション: ILIO

Ilioは、SHPEでのメンタリングと育成によって、どのようにしてカミンズでキャリアを得たかについて語っています。

 

こちらの動画からチームの声をご覧ください

GREAT MINDS IN STEM(HENAAC)

Great Minds in STEMは、科学、技術、工学、数学におけるヒスパニック系住民のための入り口です。HENAACとして1989年に設立されたGreat Minds in STEM™は、幼稚園から職業につくまでの生徒を対象としたSTEM教育啓発プログラムを中心に活動しています。カミンズは、10年近くGreat Minds in STEMとパートナーシップを組んできました。

Henaac &カミンズ: SILVANAとのコネクション

Silvanaさんは、HENAACによってどのようにしてカミンズでのキャリアに情熱を傾けるになったかを語っています

 

こちらの動画からチームの声をご覧ください

女性技術者協会(SWE)

カミンズは、2005年以来、女性技術者協会と提携しており、SWEの候補者に、やりがいのある専門的な仕事の経験、ワークライフバランス、グローバルなプロジェクトへの参加、そして、即戦力となる機会を総合的に提供しています。SWEの候補者は、アメリカ国内および世界各地の拠点で、さまざまなインターンシップやフルタイムの機会でキャリアをスタートすることができます。

SWE&カミンズ:自分に合ったものを見つけることとキャリア開発

カミンズでどのようにして充実したエキサイティングな技術的キャリアを見つけたのか、ジョアンの話を聞いてみましょう。

 

こちらの動画からチームの声をご覧ください

多様性の認知度&賞

私たちには、逆境にあっても、正しいことのために立ち上がってきた誇り高い歴史があり、その伝統は今も続いています。
ここでは、多様性、公平性、インクルージョンに関する最近の受賞歴をご紹介します。

""

2021

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。

""

2020

ヒューマン・ライツ・キャンペーン

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。

女性エグゼクティブ

米国女性エグゼクティブ協会による「女性エグゼクティブを擁するトップ70企業」。

サプライヤーの多様性

全米女性経営者企業評議会によると、女性のビジネスエンタープライズの全米トップ法人の1社であり、世界クラスのサプライヤー・ダイバーシティ・プログラムを有する企業として評価されています。

""

2019

多様性のチャンピオン

米国アクセス・エクイティ・ダイバーシティ協会(AAAED)より、機会均等を促進し、ダイバーシティへの優れたコミットメントを示したことが評価され「ルーズベルト・トーマス・チャンピオン・オブ・ダイバーシティ賞」を受賞しました。

ヒューマン・ライツ・キャンペーン

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。


NSBE会長賞

全米黒人技術者協会(NSBE)の会長賞を受賞。この賞は、NSBEのミッションに対して献身的に取り組んでいるパートナーを表彰するものです。
 

""

2018

ヒューマン・ライツ・キャンペーン

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。

DIVERSITYINC

DiversityInc誌の多様性を実践するトップ法人では、12番目にランクされました。このリストには1,000以上の企業が参加しています。また、サプライヤー・ダイバーシティ推進企業として、第9位にランクインしました。女性エグゼクティブを擁するトップ法人としては第7位に、 エグゼクティブ・ダイバーシティ・カウンシルのトップ法人としては第20位にランクインしました。

 

""

2017

DIVERSITYINC

DiversityInc.誌の多様性を実践するトップ企業50社に選ばれました。プログレス部門で3位、グローバルダイバーシティ部門で4位、女性エグゼクティブ部門では3位としてトップ企業にランクインしました。

ヒューマン・ライツ・キャンペーン

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。

軍人に優しい企業

Victory Media Associationの「Military Friendly® Employer」に選ばれました。
 

""

2016

ヒューマン・ライツ・キャンペーン

米国最大のレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社員のための人権団体であるヒューマン・ライツ・キャンペーンより、「企業の平等性指標」の満点評価を受けました。

DIVERSITYINC

DiversityInc誌による多様性を実践する企業トップ50社に選ばれました。

軍人に優しい企業

G.I. Jobs and Military Spouseの出版社から「軍人に優しい企業」として選ばれました。
 

cummins.com
にリダイレクトしています

お探しの情報は
cummins.comに掲載されています

そちらのサイトを開きますので

少々お待ちください。